Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

時計草

a0030792_22174144.jpg


近所の公園で咲いていたトケイソウ。
時計草なんて名前つけられたら、もう時計にしか見えない。
花びら(本当はガクのぶぶんかな)が10枚なのが、非常に惜しい。
どうせなら、12枚にするところまでこだわってほしかった。

と、時計草にとっては言いがかりにすぎない文句を付けてみる。

結構立体感のある花なので、斜めから撮影しても面白いのだが、
ここは時計らしさを強調して真正面から。
中央のしべが長針短針秒針に見えてくる。

さて、今は何時をさしているのでしょうか。

*istD + FA 28-105mm F4-5.6 Pz
Zシリーズのころの、標準パワーズーム初登場。
Pentaxがめずらしく小型軽量志向でなかったころのレンズなので、
レンズの明るさのわりにかなり重たいのが欠点かと思う。
かなり寄れるので、より過ぎなければマクロ代用的にも利用可能ではあるが、
ちょっと不思議な、それこそソフトレンズをつかったかのような
芯のあるフワフワ感を持った写真になったことがあるので、
マクロの評価基準をシャープさに持っている人には厳しいかもしれない。
そのフワフワ感が再現性のあるものかどうかが、
現在の検証課題である。

外観はこのころのFAレンズらしいが、
Z-1pに取り付けると、なるほど、よく似合う。
かっこいいかどうかは、別の話ではあるが・・・
[PR]
by backseatofmycar | 2006-06-20 22:34 | FA28-105mm PZ