Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:FA★80-200mm( 24 )

毎年桜

a0030792_17513790.jpg


K10D +FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]



http://www.nicovideo.jp/watch/sm2985073
[PR]
by backseatofmycar | 2008-04-13 17:59 | FA★80-200mm

有閑カンガルー

a0030792_2213087.jpg


もう一回ずーらしあの画像。
カンガルーの姿がおかしい。
日当たりのいいところで、全身で太陽を受けようということなのだろうけど、
肩肘を付いて寝そべる姿が、どうにも人間くさい。
こいつだけじゃなくって、
ほら、こんな感じ。

a0030792_2215571.jpg


a0030792_22161134.jpg


K10D + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-12-12 22:16 | FA★80-200mm

スマトラトラ

a0030792_20303794.jpg


気づいたら、もう今年もあとわずかである。
年賀状に使うための写真を撮りたいと思い、ずーらしあに行ってきた。
主目的は、ここにしかいないというアカカワイノシシの写真を撮ることだったのだが、
そのアカカワイノシシ、非常に撮りずらい環境で飼育されており、
なかなかいい写真が撮れなかった。

年賀状どうしようかな。

さて、
写真はスマトラトラ。
のんびりと毛づくろいをしており、
「大きくても猫は猫だな」などと思っていたのだが、
この眼はやっぱり、ちょっと猫ではない。

ああ、
来年って、寅年じゃなかったっけ・・・まだだいぶ先か。

K10D + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-12-11 20:43 | FA★80-200mm

メカニカル

a0030792_194607.jpg


通勤のお供としてはありえないような重たいレンズを持ち出して、
いつもの近所の公園のビオトープでトンボを撮影した。

ピントチェックで画像を拡大しながら思ったのだが、
トンボって、よくできた機械なんじゃなかろうか。
超小型無音偵察機、みたいな。


うそだと思うなら見てください、トリミングしたピクセル等倍画像。
a0030792_19461457.jpg

背中の構造とか、すごくメカニカル、どっかからミサイル出そう。
頭だって、外装としてとりあえず被せました、みたいな感じの不自然さ。
絶対、誰かが作ったんだって。




さて、
そんな冗談はさておき。

この写真、焦点距離が望遠端の200mm(換算300mm相当)
シャッター速度は1/125(絞りはF6.7)である。
個人的には、
いつも微妙に残念な結果になりがちな焦点距離とシャッター速度の関係である。
それが、このトンボを撮った画像の多くで、
非常に安定した結果が得られたのであった。
ちょっと感動している。

あまりやらない等倍画像の載せた理由である。

K100D、
ファインダーには慣れた。
ファインダーの中の文字の小ささにもすっかりなれて、*istDを見たら“デカ!”とさえ思う。
接眼部は、アイカップM2に変更することで、望みの状態になった。
そのままでは液晶部と干渉してしまうが、取り付け部金属の底面を砥石で削ると、
問題なく使えるようになった。
撮影結果の確認以外の理由で背面液晶を見る機会が増えたのはやや不満であるが、
ボタンの少なさにもなじみつつある。

それでも、
シャッター音だけはいまだに軽く萎える。
これは、
正直言って、例外的に*istDが良すぎたのだろう。

K100D + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-03 20:05 | FA★80-200mm

ほおずき

a0030792_1254611.jpg


最近で、一番気に入ってる写真。
うそ物のほおずきだけど、落ち着いた色調が実にいいと思っている。

撮影は浅草。
ほおずき市に言ったのではなくて、
狭さで有名な浅草花やしきに遊びに行ったのだ。

遊園地自体久しぶりであったのだが、
フリーパスを買わずに、乗り物チケット11枚つづり1000円、
みたいなものを買って遊んだことが、
とても懐かしく面白かった。

私が子供のころよく遊びに行ったのは、
宝塚ファミリーランド、というところだったのだが、
残念ながら今はなくなってしまった。
振り返ると、
遊園地あり、動物園あり、植物園あり、温泉あり、プールあり、
そして、歌劇ありという、
大人子供問わない夢のような施設であった。

そのため、
私はある程度の年齢になるまで、
遊園地と動物園は当然併設されているものだと思っていた。
ディ○ニーランドって、本物の動物いないの?ってなものだ。

まあ、そのあまりのごった煮感が、
専門性を問われる昨今において命取りになったのかもしれないが。

そんなわけで、
花やしきも偉大なるB級として、
末永く生き残ってほしいと思う。

あれ、テキスト、写真と全く関係ないや。

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-07-15 12:06 | FA★80-200mm

シャチとラッコとアシカ

a0030792_1404368.jpg


a0030792_141538.jpg


a0030792_1412752.jpg


鴨川シーワールドシリーズ第三弾。
正直言うと基本的には鴨川シーワールドで撮影した写真は失敗ばかりだと思っている。
実力を現していると言われると、まさにそれまでなのだが、
なんだかもっとできたのではないかなあという思いがつきまとう。
ピントを合わせて、ブれないようにするのが精一杯で、
特に、アウトフォーカスの部分に気が回ってない。
イルカやシャチのショーの写真で、メインのジャンプの写真を使ってないのは、
そんな理由だ。

水族館の写真は、負けてばかりのような気がするが、
別に落ち込んでるわけではなく、
「ちくしょう、むずかしいなあ」
と、思いながら喜んでいる。
趣味なんて、満足したらおしまいなので、それでいいのだ。

そもそも、
旅行自体はとても楽しかったのである。

旅行の副産物である写真が、少々うまくいかなくても、
それでいいのだ。

副産物、といいながら、旅行の荷物の重量の少なくとも半分はカメラ関係なのは、
一般からするとちょっと異常かもしれないけどね。

ちなみに、持ってったものは、
*istD
Z-1p
DA Fisheye
DA16-45mm
FA 50mm F1.7
FA☆85mm
Sigma 105mm Macro
FA☆80-200mm
optio Wp
それに、
三脚やら外付けフラッシュやらフィルターやら予備電池やら。
合計するとかなりの重量になる。

うーん。
やっぱりもうちょっと考えた方がいいかな。

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-09 02:05 | FA★80-200mm

ボール運び二態

a0030792_1483042.jpg


a0030792_1484981.jpg


3月の激務も何とか終わり、
自分へのご褒美として、千葉県に一泊で旅行に行ってきた。
メインの目的地は、鴨川シーワールド。

あいにくの突風吹きすさぶ異常な天気ではあったが、
前日の天気予報に反して、
午前中はなんとか雨が落ちることはなかった。
天からのご褒美だったのだろうと、ありがたく受け止める。

というわけで、
これから数日は気が済むまで、海洋生物三昧で行くことにする。

まずは、最初に見たイルカのショーから、イルカのボール運び。
なんで人間はこんな事やらすんやろ?
という表情に見えなくもない。


*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-04 02:01 | FA★80-200mm

シロクン

今日は、JRA所属唯一の現役白毛馬、シロクンの応援に、
東京競馬場へ行ってきました。


パドックその1
a0030792_3383361.jpg

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
いやあ、しっぽの先まで見事に真っ白。
ちょうどロードオブザリングを最近見たから思うのだが、
魔法使いかエルフなんかに乗せたい馬だと思う。


パドックその2
a0030792_339483.jpg

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
目の色が左右で違うようで。
こちら側の目は黒目がちだが、反対側は白目がち。
左右の目が違うというのもなんだか神秘的。


バルジュー騎手と
a0030792_3392225.jpg

*istD +SIGMA APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF
今日は、最近好調のバルジュー騎手騎乗。
やはり、外国人騎手はよく似合いますね。


誘導馬たち
a0030792_3393928.jpg

*istD +SIGMA APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF
美しさと素直さが基準で選ばれる誘導馬ですが、
シロクンはそんな彼ら以上に美しく目立っていました。
ちなみに彼らは芦毛で、年齢とともに徐々に白さが増してくるようです。

シロクン独走!
a0030792_3395530.jpg

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
レース中はこの一枚のみ。
シロクンが単走になるところを狙ってみました。
ちょっと右下がりの構図がスピード感をあおります。
後続を突き放して、JRA史上初の白毛の勝利!・・・といきたいところですが、



12着でした。


残念。
[PR]
by backseatofmycar | 2006-01-30 03:59 | FA★80-200mm

かえるかわいや

a0030792_1785276.jpg

a0030792_179858.jpg


配偶者の人と二人で吉祥寺へ。
井の頭公園の動物園をぶらぶらと。
本当はずーらしあに行きたかったのだが、近場で妥協した。

この日、いちばん可愛かった動物はカエル。
特に、下のカエルなんて本当にきゅーとだと思う。

普通はフェネックとかかな・・・。

a0030792_17154919.jpg




*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2005-12-04 17:21 | FA★80-200mm

猛禽三昧

a0030792_1245741.jpg

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
a0030792_1252820.jpg

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]

前回に引き続き、友人の飼っている鷹の写真。
この鷹は、ハリス・ホークと言う種類で和名ではモモアカノスリというらしい。
和名はあんまりかっこよくないね。

早朝に、飛行訓練のため近くのお寺に行く。
鷹用の手袋を見せると、餌がもらえる物と思ってか、
素直に飛んでくるのが面白い。
飛行中の写真には、まともにピントがあった物がなかった。
残念。

猛禽類らしく精悍でかつなかなか可愛いものだったが、
ピーピーうるさい。
ペット可のところに住んでるとはいえ、よく近所の人から苦情が来ない物だと思った。

a0030792_1251253.jpg

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF] + Kenko 1.5× AF Teleplus

鷹と遊んだあとは、その友人と弥富野鳥園へ。
思ったほど野鳥を近くで見ることはできなかったが、
トビを間近で見ることができた。
このトビは、弥富野鳥園に住み着いているらしい。
いたずらっ子で、人の帽子を取ったりすることもあるそうだ。
相当でかい鳥なので、結構恐ろしいだろうな。
[PR]
by backseatofmycar | 2005-10-11 01:38 | FA★80-200mm