Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:K135mm F2.5( 5 )

桜三態

a0030792_2149169.jpg

K10D + K 135mm F2.5

a0030792_2149192.jpg

K10D + A 50mm F2.8 MACRO

a0030792_2149329.jpg

K10D + DA14mm F2.8 ED (IF)


桜の開花とともに、何事もなかったように復活。


3月ね、もう、全くね、いろいろ、無理でした。
死ぬか、と思いました。
いっそ殺して、と思いました。
なんとか乗り切り、
今こうやって息をしているのが、不思議なぐらいです。
別に誰に文句言うつもりもないんだけど、
会社で徹夜って日が、ひと月で二桁ってのは、
あんまりだと思いました。

さて、
休んでた言い訳はこんなもんにして、と。


近所の公園でも、桜が満開となった。
近隣の狭い範囲では桜の名所と認識されているようで、
週末には花見の団体で結構な人手だった。
花見客は年々増加傾向なようで、
今年はいっちょ前にライトアップなんかもしている。
(ライトが桜の木に直接くくりつけられているのはなんだなあと思うが)

週末にも写真を取りに行ったのだが、
酔っ払い多数の中、三脚もって歩き回るのも無粋かと思い、
早々に切り上げて帰ってきてしまった。
正直、
撮影には酔っ払い客は邪魔なんだけど、
どちらかというと、花見て酔っ払うほうが、
楽しみ方としては正しいと思うのだった。

そんなわけで、
平日の朝、出勤途中に再度撮影したものが、
今回の写真だ。

一枚目は、
桜の色だけをぼかした背景に、
枝垂桜の枝一本だけを配置して浮かせた。
撮影前に考えた、私が撮りそうなイメージの通りである。

二枚目は、
広角レンズである程度絞って、
散った桜でできた道と葉桜直前の桜を撮影。
四隅の流れが若干気になるのだが、
桜の花が集団でつくる美しさの一端を表現しようとしたものだ。

三枚目は、
マクロレンズで幹から直接咲いた花を使って、
集団では表現できない、
桜の花のひとつの可憐さを表現しようとしたものだ。

意図がうまくいっているかどうかはよく分からないが、
桜の撮影は毎年楽しんでいる。
去年、一昨年の写真と比べて、うまくなってるかというと、
まあ、微妙なところだけどね。



3月、ここを更新することは全くできなかったが、
写真はそれなりに撮影していたので、
これから3月に撮った写真も振り返りつつ
ぼちぼちとリハビリしていきたいと思っている。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-04-03 21:54 | K135mm F2.5

桜の木

a0030792_23412058.jpg

桜の幹を大きく取り入れた構図にしてみた。
もっといい写真が撮れるはず!とは思うものの、
風が強くて寒かったのと、
会社に遅刻しそうだったのであきらめた。

いや、ごめん。
うそついた。
遅刻しそう、じゃなくて、
既に大きく遅刻している時間、だった。

*ist D + K 135mm F2.5
[PR]
by backseatofmycar | 2006-03-29 23:46 | K135mm F2.5

厳禁

a0030792_0274196.jpg


後半の文が強烈。

これを作った人が、これを作るに至るまでの過程を涙ながらに聞いてみたい。


*ist D + K 135mm F2.5
[PR]
by backseatofmycar | 2005-07-08 00:29 | K135mm F2.5

季節はずれ

a0030792_20444725.jpg

いつもの公園を出たところでの一枚。
こんなふうに、この季節でも赤い葉っぱしたやつは、
なんなんだろう。
季節はずれもはなはだしい。

ま、
きれいだからいっか。

ファームを1.12に変えた結果、快適に絞込み測光が使えるようになった。
このレンズを使うときは、私にはグリーンボタンが必須なので、
あえて縦位置グリップははずして使うようにしている。
そうしないと、ボタンを探して何度も持ち替えるはめになるから。


今日は、なんとなく、普段の使い方をばらしてみたい。
今の自分を残しておくことは、将来の自分の参考になるだろうと考えたからだ。

普段はダイヤル位置はPが基本。
ハイパープログラムにより絞り優先的な使い方をすることが多い。
露出設定ステップは1/2と1/3でまだ悩んでおり、どちらも使う。
±1/3を使うことはほとんどないけど、±2/3と±1/2を両方使いたいからだ。
測光方式はほとんどTTL開放16分割測光。
AE-Lはスポット測光とともに昔はしょっちゅう使っていたのに、今はほとんど使わなくなった。
今は、TTL開放16分割測光での結果を予測して露出補正ですますことが多い。
露出補正は+側をよく使う。-側を使うことはまれ。
オートブラケットはしない。
結果的にオートブラケットと同じ事を手動でしていることはとても多い。
ISO感度は200か800がほとんど。
最近ようやく、表示されるシャッター速度でISO感度の戻し忘れに気付くようになった。
遅い。
ホワイトバランスはオートが基本。オートで失敗したら、いろいろ変えてみる。
それでもだめならRAWで撮りなおして、将来の自分にお任せする。
RAWを使うのはこういうときぐらい。
マニュアルホワイトバランスはほとんど使わない。
画質モードはjpegのL★★★がほとんど。
フラッシュは可能な限り使わない。
三脚使うときはミラーアップが基本。
ケーブルスイッチもリモコンも持ってるけど、あまり使ってない。もったいない。
MFはしかたなく使う。AFでよければAFを使う。
自分よりも*istDのほうが信用できる。
測距点オートは使ったことがないかも。
測距点を選択、AFロック、フレーミング、撮影の順番が基本。
中央一点だとコサイン誤差が気になる(気分の問題)。
フレーミングの移動をなるべく少なくするために測距点を選択するようにしているが、
両端の2点はなるべく使わない。これも気分の問題。
一番使うのは、格子状の残り9点のうちの角の4点だと思う。
水平を出すのがとても苦手なので、
ファインダーの中に水準器があればいいのになと思っている。

こんなとこかな?
一年後ぐらいに読み直した時、わかってねーなーと思えるだろうか。

これをお読みになった方、もしおひまでしたら
あなたの使い方も教えてください。
参考にします。
過去に書いたものでもトラックバックしてくれたりしたら、
大喜びでトラックバックし返します。

*ist D + K 135mm F2.5
[PR]
by backseatofmycar | 2005-04-27 22:48 | K135mm F2.5

おかしいなあ

a0030792_22318100.jpg

いつもの公園には、いつも鳩がいる。
この写真は、公園の広場のど真ん中。
時間が時間なら、子供たちがキャッチボールなどをしているところだ。
こいつ、ちょっとリラックスしすぎではないかと思う。

購入からもう1ヶ月たっているので、
ブログでの紹介がずいぶんと遅くなってしまったが、
中望遠領域の短焦点レンズとして、
SMC PENTAX 135mm F2.5をシステムに導入した。
とはいえ、あまり使っていない。
この焦点距離なら、やはりFA135mmF2.8のほうがよかったかもしれない。
AFだからというより、最短撮影距離が圧倒的にFAのほうが短いからだ。
このぐらいの焦点距離は、寄って使いたくなることが多い。

ところで、今日使ってみたら、
グリーンボタンによる絞り込み測光ができない。
おかしいなあと思って、ファームウェアのバージョンを見たら、1.02になっている。
少なくとも、1.11にはバージョンアップしていたはずで、
(PENTAX REMOTE Assistantで遊んだことがあるんだから間違いない)
原因としては、
一昨日にペンタックスフォーラムに預けたときに書き換えられたとしか考えられない。
でも、そんなことするのだろうか?明日、電話して確認してみよう。

そもそも、1.02なんていうバージョンがあったんだ。
PentaxのHPによると、
「バージョン 1.02 は4GBを超える容量のメディアに対応しておりますが、バージョン1.10 ~1.11 の機能追加および PENTAX REMOTE Assistant には対応しておりません」
とのことだ。

*ist D + K 135mm F2.5
[PR]
by backseatofmycar | 2005-04-25 22:57 | K135mm F2.5