Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:DA16-45mm( 19 )

猿橋

a0030792_122313.jpg


K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]

休止期間振り返り その1。

日本三奇橋のひとつ、山梨県大月市の猿橋。
もうひとつは山口県の錦帯橋なのだが、
あとひとつはこういうものの例にたがわず、
色々あってもうひとつ定かではない。

10月初旬、中央道で東京に向かう途中、
事故によるあまりの渋滞に嫌気が差して、
大月ICから一般道におりたら、
近くに猿橋があるのに気づいてちょっと立ち寄ったときに撮影したもの。

一度見たいと思っていた猿橋なのだが、
イメージ的にもっと山奥にあるような気がしていて、
なかなかいけるものではないと勝手に思っていた。
なのに、
甲州街道からほんのすぐのところにあったなんて。

思い込みは良くないですね。


しかし、
不思議な形をした橋をつくったものだ。
被写体としても面白く、
紅葉の時期なんて、写真を撮るには最適だろう。

小仏トンネルを先頭に渋滞30km、なんて言われたら、
ちょっとお勧めしたい寄り道である。
[PR]
by backseatofmycar | 2008-01-16 01:23 | DA16-45mm

夕暮れ

a0030792_23461534.jpg

K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]

新潟旅行時の写真。
宿泊した温泉宿からの景色がすばらしかった。
部屋も広くてきれいで、大満足であった。
宿の名前は・・・なんだったっけ?

無駄を省くためにトリミングしてみたけど、
正方形フォーマットっていうのも面白い。
イメージサークルを最大限生かせるような、
1:1、4:3、3:2、16:9を自由に切り替えて記録できるデジカメって、
どこか作らないのかな。
パノラマは・・・いらないや。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-08-27 23:54 | DA16-45mm

会津

a0030792_2365453.jpg

K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]


a0030792_2372687.jpg

K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]

この夏は、新潟旅行に行ってきた。
新潟だけのつもりだったのだが、
ふと思い立って、会津まで足を伸ばしたのだった。

やや奇をてらった鶴ヶ城と、
真正面から対峙した白虎隊士の墓。

どちらも、個人的にはそれなりに満足できる写真になった。

短時間の会津観光で、
実質行き先は写真の二カ所だけだが、
気分的には会津クリア、というところだ。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-08-17 23:10 | DA16-45mm

10:13

a0030792_20194790.jpg

K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]

新潟県中越沖地震の現地調査に行ってきた。
写真は、倒壊家屋の瓦礫と、地震発生時刻で止まった時計。

ちなみに、中越沖地震の発生時刻は、
2007年7月16日、午前10時13分頃だ。

時計の置き方に作為的な感が無きにしも非ずだが、
(決して、私がなんかしたわけじゃないですよ)
地震という災害が、いかに唐突に日常を破壊するか、
という点にとって、象徴的な写真になったのではないかと思う。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-07-30 20:24 | DA16-45mm

瀬戸大橋(鷲羽山より)

a0030792_2111982.jpg


K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]

若干遅くなったが、GW後半のお話。
久しぶりに、岡山に行ってきた。
鷲羽山、後楽園、チボリ公園など、岡山市周辺の主要な観光地を一巡りした。

写真と全く関係ない話だが、
岡山城を見たのは、学生のとき以来だから、10年ぶりぐらいだろうか?
記憶にかすかに残っている(はずだった)姿と全く違っていて、
記憶のあてにならなさ具合に感心してしまった。

写真は、鷲羽山から望む瀬戸大橋。
あいにく、スカッと晴れてはいなかったが、
霞む姿もまた、おもむきがあるものだ。

本州、四国を3ルートも結ぶ必要があったのかは、
正直疑問に感じていたりもするのだが、
こんな、「巨大な機能美」というのは、土木構造物独特だなあと思うのだった。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-05-15 21:26 | DA16-45mm
a0030792_21592917.jpg

K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]

あしかがフラワーパークは、
藤だけではなく、つつじも満開であった。
日が暮れてから、
池の反対側に周り、
水面に写る反射とともに撮影する。

光芒を作るときは、絞り羽根枚数は8枚が、
多すぎもせず、少なすぎもせず、ちょうどいいと思う。

昼のつつじは色がどぎつすぎて、なかなか絵にしづらく、
夜のライトアップを遠景で撮影するぐらいで、
ちょうどいいと思った。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-05-01 22:05 | DA16-45mm

ただの土手では

a0030792_2023431.jpg


週末は所用で岐阜へ。
期せずして、大学時代をすごした過去を懐かしむ旅となった。

写真は、ドライブついでに向かった、根尾谷断層。
そう、この写真中央の斜面は、ただの土手ではない。
1891年に発生した濃尾地震で地表に現れた断層なのだ。

濃尾地震はマグニチュード8.0と、内陸型地震としては、世界でも最大級の地震であった。
その地震に伴って現れた断層は、垂直方向で最大6mのずれを生じ、
長さも80kmにわたったというから、驚きである。
100年以上経過した現在では、ごらんのような姿になっているが、
それでもこのずれが、一瞬で生じたというのは、にわかに想像できない。
動く姿を動画で見てみたいものだ。

この断層の近くには、『根尾谷断層資料館』という施設があり、
トレンチによる断層の断面を見ることができる。
地層がぱっくりと垂直にずれている様子は、圧巻である。

この周囲には、資料館のほかに普通の民家もそこそこにあり、
このような断層の間近に済むのはどんな気分だろうかと思うが、
前回の地震からまだ115年で、活動間隔が2000年以上ということを考えると、
ま、生きてる間は大丈夫だろ、ということなのだろう。

実際は、この周辺は他にも活断層いっぱいあるけどね。

K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]
[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-14 20:37 | DA16-45mm

K10D試写

a0030792_3291598.jpg


K10Dを後部座席に放り込んで、夜のドライブに行った。
やっとゆっくり触る機会を得たのだが、
K10Dの操作は、*istDとK100Dのいいとこ取りで、
とても扱いやすい。

画質については、私の要求レベルを大きく超えるもので、
不満がありようが無い。

私の満足感と、K10Dの解像感の高さを、
少しでも表現するため、
また、巨大な写真にしてしまった。


K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-12-04 04:24 | DA16-45mm

ポジフィルムは楽し

a0030792_418153.jpg



a0030792_4183366.jpg


近頃、通勤時に写真を撮れる機会が減っているため、
平日の更新がおろそかになっている。
しかし、
写真に対する情熱は、まったく冷めていない。

今回は、やや歪に発展しているかもしれない写真への情熱の話。

Z-1pには、このところポジフィルムしか入れていない。
私の用途では、別にネガでもなんら問題ないだろうし、
プリントと電子化までのことを考えると、ネガのほうがいいのかもしれないが、
それでも、ポジをライトボックスで見たときのわくわく感を考えると、
やっぱりポジにしたくなる。

まあ、ライトボックスを入手したのはつい昨日のことなんだけど。
(それまでは、写真屋さんか、太陽光で透かして見るので済ませていた)

問題は、
私はポジフィルムを電子化する方法を持っていないことだ。
透過光をスキャンできないのだ。端的にいえば、
フィルムスキャナを持っていない。
ポジがいいとか言いつつも、私の基本はデジタルなので、
使用頻度の低いポジフィルム用にフィルムスキャナを購入するのは、
いくらなんでもはばかられるのだ。

もうすぐ、K10Dの出費もあることだし。
11月30日に延期になっちゃったけど。

でも、ポジの一部を電子化したいし、ブログでも使いたい。
で、
フィルムをデジカメで撮ることにしたのだった。
上の写真は、その成果の一部。
写真を写真に撮っているということになる。
ポジの美しさを余すところなく表現、というわけにはいかないが、
ブログ写真ぐらいには使えそうだ。

撮影状況はこんな感じ。

a0030792_4363885.jpg


写真を写真に撮るところを写真に撮っている。
なんだかもうもうめちゃくちゃだが、
楽しんでいることだけは、
分かってもらえるのではないだろうか。

後ろの水槽といい、
最近の私は、
趣味ががっつりとエスカレートする方向にある。

経済的には健全とは言えないのだろうが、
少なくとも、
私は人生を楽しんでいると言えそうだ。
[PR]
by backseatofmycar | 2006-10-15 04:48 | DA16-45mm

無用の大存在感

a0030792_1585019.jpg


ガスホルダー、いわゆるガスタンクは、なぜこうも存在感があるのだろうか。
思うに、
人間スケールではデザインが単純すぎるからではなかろうかと思う。
なんだよ、球って。
このサイズであれ、もう少しディティールが細かくて、
いろいろな幾何学的な要素がちりばめられていたら、
いわゆるビルなどと混じって気にならないのだろうが、
この極限まで単純化されたデザインが目の前にあると、
ただ、違和感を持ってしまうのだった。

あ、
私の専門である地震の観点から言うと、
ガスホルダーはなんとなく不安感をもたれてしまいそうな存在だが、
それはもう相当に基礎がしっかりしているので、
大丈夫っぽいですよ。
変なビルが隣にあるより、ガスホルダがあったほうが安全だと思います。
ガラスが飛散することもないし。
コンクリートが剥落することもないし。

なんとなく不安というのは分かりますけどね。
はい。


*istD + DA 16-45mm F4 ED[AL]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-07-15 15:25 | DA16-45mm