Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:DA10-17mmFishEye( 14 )

赤城山撮影会

a0030792_26214.jpg


K10D + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)


休止期間振り返り その2。

10月下旬。
私は初めて、撮影会というやつに参加してみた。
フィルムの現像などでちょくちょく利用する地元のカメラ店のひとに、
熱心に誘っていただいたので、ちょっと行ってみる気になったのだった。

場所は赤城山。
当日は風が強く寒かったものの、
すばらしい晴天で、風景を撮るのには最適だった。

写真はそのときの一コマ。
水面と空の深い青色がいいと思うのだが、
ゴミが1点あるのが残念。

当日は、風景部門だけではなく、
ポートレート部門もあったので、
初めてモデル撮影ってやつをやってみることができた。
正直、自分にセンスも度胸も無いことにガッカリではあったが、
人生経験としては楽しいものだった。


この話にはおまけがある。
その撮影会の参加者によるフォトコンテストがあり、
これまたカメラ店の人に熱心に誘っていただいたので、
初めてコンテストにポートレートを1点だしてみた結果、
特選なるものをいただくことができたのだ。
(まだ上にいっぱい賞があるみたいですけどね)

入選作は、
東京ミッドタウンの富士フィルムフォトサロンで、
2008年2月1日から7日まで展示されるらしい。
そんなところに自分の写真が展示されるのも、もちろん初めてだ。
3日に見に行こうと思っているので、
とても楽しみだ。

きっと、ごく小さい展示なのだろうけど、
それでも結構うれしいものだ。
生まれて初めての経験をいろいろできて、
カメラ店のひとに感謝している。



まあ、
撮影会にまた誘われても、
行くかどうかは微妙だけどね。
[PR]
by backseatofmycar | 2008-01-17 02:07 | DA10-17mmFishEye

ADAギャラリー

a0030792_23414862.jpg

K10D + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)

新潟旅行の主目的のひとつが、このADAギャラリーだ。
ADAってのは、簡単に言うと、
アクアリウム関係の値段お高めな道具メーカー。
値段は高いが、特にガラス製品のかっこよさは随一だ。
デザインコンシャスな器具を売るだけではなくて、
アクアリウムを文化、もしくは芸術に昇華させようと、
様々な啓蒙活動も行っているようである。

新潟にあるこのギャラリーもその一環で、
ADA渾身のレイアウト水槽を、豊富に、しかも無料で、
しかも写真撮影可で、公開してくれている。

我が家の水槽と比較してしまうと
その差にがっかりすることになるのだが、
いいものを見てアクアリウムに対する意欲をさらに高めようと、
新潟まで足を運んだのだった。

上の写真は、あまりいいものではないのでなんだが、
アクアリウムに興味がない人でも一見の価値があるものだと思った。
それほどにキレイですばらしいものだった。
まあ、
参考になるか、と言われると、
F-1見たって運転がうまくなるわけじゃないしなぁ、というところだ。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-08-23 23:57 | DA10-17mmFishEye
a0030792_21531831.jpg


K10D + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)

夜の藤棚を
フィッシュアイズームでめいっぱい絞って撮影。
記念写真の人以外はだいたい消えてくれるのでありがたい。
実際には、日も暮れたというのに、
まったく人が減る様子はなく、
あしかがフラワーパークはかなりの盛況であった。

写真でわかりづらいかもしれないが、
藤棚の藤は満開までもう一息、というところだったので、
今週末か来週末ぐらいに見にいくと、
ちょうどいいのではないかと思う。

関東近辺では、
この時期、
かなりお勧めの観光スポットである。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-05-01 21:57 | DA10-17mmFishEye

トワイライト銀座

a0030792_1254289.jpg


前の週末、配偶者の人と銀座デート。

うーん。

同じ場所から出発して同じ場所に帰ってくることとなる配偶者との外出を
デートと呼ぶものなのかは私には判断できないのだけれど
まあ、配偶者の人がデートというのだからそれでいいや。

われわれ夫婦はどちらもほとんどテレビを見ない、
もしくは見られないのだけれども、
数少ない、やっているのを見つけたら見る番組のひとつに、
ニューデザインなんちゃらというものがある。
ごめんなさい。
正確な名前分からない。

その番組中の作品の展示会が、
銀座にあるニッサンのショールームで行われていたので、
ちょっと見にいったのだった。

展示された作品はどれも面白く、感心させられた。
売るっていうと別問題だろうけど。

写真は銀座の中心部。
空に星のひとつでもあれば絵になるのだけれど、
銀座じゃ難しいかな。
直行する道路が両方見通せるのが、魚眼って面白いなと思う。
買ってよかった。
使いこなせてるとは思えないけど。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-14 16:12 | DA10-17mmFishEye

いつもの公園

a0030792_236392.jpg


週末の夏祭りを控えたいつもの近所の公園。
奥にやぐらが組まれ、祭を待ち構えている。
普段は、どこかの一角が必ず芝生養成中で立ち入り不可なのだが、
地域の夏祭りを控えた現在だけは、
全面立ち入り可能だ。

そんなわけで、芝生を前面に出して撮影してみた。
こんな普通の街区公園で芝生を維持するのはどれだけ大変だろうか。
植えた端から、不特定多数の人に踏み荒らされ、
痛んでぼろぼろになったころにまた植えられる。
その砂地に水をまくようないたましい努力が、
この公園を好きな理由のひとつである。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-04 23:13 | DA10-17mmFishEye

船旅

a0030792_221135.jpg

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)

またお仕事で島に行ってきた。
あいにくの雨で島の写真はほとんど撮れなかったので、
船上での写真を。
船の手すりは、単純なアールを描いているのだが、
魚眼で撮影するとこのゆがみっぷりだ。

a0030792_22295.jpg

*istD + SIGMA 28-300mm F3.5-6.3 MACRO

これが船。
接岸するために回頭中の所を、正面になった瞬間に撮影。
とはいえ、動きはゆっくりなので、それほどシビアなタイミングではない。
[PR]
by backseatofmycar | 2006-06-19 03:25 | DA10-17mmFishEye

臥竜桜

a0030792_2435388.jpg


ブログの限界に挑戦するような巨大な写真で、
驚かせてしまい申し訳ない。
でも、どうしてもサイズが必要な写真もあるものだ。

今年のゴールデンウィークは、配偶者の人の実家である高山に行ってきた。
東京都は、完全に一ヶ月程度季節がずれているようで、
まだたくさんの桜を見ることが出来た。
そんなわけで、早起きをして見に行った飛騨の名桜、臥竜桜。
素晴らしい天気だったので、大きく空を取り入れた写真にしたかったのだが、
桜自体もある程度のサイズが欲しい、
というわけでこんなに巨大になってしまった。

ちなみに、この桜は合計80枚ぐらい写真を撮ったのだが、
使ったのはファーストショットだった。
見て一番最初に素直にこう撮りたいと思ったアングルが、
結局の所一番自分がいいと思えるアングルだったのだろう。
残りの写真は何だったのだという気もするが、
そんなもんかもしれないとも思う。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)

おまけ、
臥竜桜とヒヨドリ。
a0030792_2583069.jpg


*istD + SIGMA 28-300mm F3.5-6.3 MACRO
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-11 02:59 | DA10-17mmFishEye
a0030792_329035.jpg


千葉旅行シリーズ最終回。
荒れ狂う太平洋を眺めながらの晩御飯は、
アワビのおどり焼き。

網の上で荒れ狂うアワビを、
動感を出すためにスローシャッターで撮影。
その激しさに、配偶者の人も私も若干引き気味。
人間とは罪な生き物である事よ。

・・・。

まあその、
美味しゅうございました。

ちなみに、
奥はマンボウの刺身
午前中にマンボウを水族館で見て、
午後にはその刺身を食らう。
人間とは(以下略)。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-11 03:38 | DA10-17mmFishEye

魚眼で桜

a0030792_20162135.jpg

a0030792_20164124.jpg


満開の桜の木の下に立って、
じっと見上げる。

それだけで、
幸せな気分になる。

魚眼レンズを付けた*istDを持っていれば、
それはなおさらのこととなる。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-07 20:20 | DA10-17mmFishEye

まるい空にそびえる都庁

a0030792_475021.jpg


どこかで見たことあるような画像と言われてしまうとそれまでだが、
一度は切り取ってみたくなる画像というのもまた事実だろう。
ただし、このレンズの場合、
切り取ると言うより、すくい取ると言った方が近いほどに、
眼前を丸ごと画像にしてしまえるのだ。

今日は、東京都庁の近くで仕事。
一年ほど前は相当な頻度で都庁に行ったのだが、
今日は少し久しぶりだったので、
打合せ開始時刻より少し余裕を持って家を出て、
撮りたいと思っていたものをそのとおりに何のてらいもなく撮影したのだった。


*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-02-15 04:17 | DA10-17mmFishEye