Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:FA★85mm F1.4( 36 )

a0030792_2142344.jpg

K10D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]

a0030792_21423091.jpg

K10D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]


待ちに待った、というか、
ほうほうのていでたどり着いた、という感じのGWも、
前半があっさり終わってしまった。

その前半のほぼ唯一の外出で、
あしかがフラワーパークに行き、
藤棚の写真を撮ってきた。

渋滞にはまることもなく、
距離もドライブにはちょうど適当で、
非常に楽しめた。
元来、園芸関係には興味はないのだが、
被写体としての花はやはり魅力的な存在である。

そしてまた、
写真に個性を求めると、とたんに難しくなる被写体とも思う。
まあ、
わーきれー、おーすげー、などと思いながらシャッター切ってるだけなので、
あまり悩んじゃいないのだが。

せっかくなので、連続投稿で
3種類のレンズでの写真を載せる。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-05-01 21:50 | FA★85mm F1.4

サザビー

a0030792_419626.jpg

K10D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
a0030792_4192760.jpg

K10D+ SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX

a0030792_4194796.jpg

K10D+ SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX

やることがどんどん幼くなってきている気がする。
仕事以外で、ややこしい事やむつかしい事考えるのがイヤ、ということだろう。
ほしいと思ったものを我慢しないし、
ほしいと思うものが子供っぽい。

先日は、サザビーというモビルスーツのプラモデル(もうつくってあるやつ)を買った。
中学生のころに見た映画にでてきたやつだ。
20年近く前の作品なので、
脳内美化はかなり進んでるはずだと思うのだが、
それでも、これってこんなにかっこよかったかな。
[PR]
by backseatofmycar | 2007-04-08 06:28 | FA★85mm F1.4

city

a0030792_2565029.jpg

a0030792_2574075.jpg

a0030792_257712.jpg

a0030792_2571981.jpg




撮影者の精神状態が、あまり良くないのではないか、
そんな心配をさせるような組写真で申し訳ない。



上から、
K10D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
K10D + DA40mm F2.8 Limited
K10D + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
K10D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]

[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-05 03:16 | FA★85mm F1.4

・・・し続けるもの

a0030792_3252464.jpg


新宿にて。
ただマネキンを撮っただけと言われると、
その通りとしか言いようがないのだけれど、
個人的には、
右側の影の入れ方がちょっと気に入っている。

写真は光をフィルムなりCCDなりに写し込む作業である以上、
そのネガである影の使い方も、光と同様に重要なものである。

それはまあ言葉では分かっているのだけれど、
効果的な影の使い方は自分自身全く出来ておらず、
暗中模索、五里霧中、というところである。

こればっかりは機材が云々というところではないので、
腕のなさを道具でカバーという私の基本方針?では、
解決が難しい問題として横たわり続けている。

K100D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-14 03:40 | FA★85mm F1.4

万世橋

a0030792_10212015.jpg

K100D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]

写真は秋葉原駅降りてすぐの
国道17号にかかる万世橋の欄干。
やや薄暗くなり始めた橋とバイクのバランスがいいかと思い、
ナンバーがフレームインしないように注意しながら撮影。
背景に気が回ってないところが減点。

万世橋は結構古いので、耐震面ではやや心配な存在だ。


数日前から、
私は家ではブログの更新が出来なくなっていた。
というのも、
我家のパソコンのキーボードが故障してしまったからだ。

無反応なボタンもあれば、
一個押しただけで数種類の文字が打てるボタンもあれば、
一回押しただけで押し続けた状態になってしまうボタンもあるという、
もうめちゃくちゃでよく分からない状態になっていた。

そんな状態では、全く何も出来ないので、
しかたなくキーボードは買いなおすことにした。
せっかくだから多くの候補から選択したかったので、
わざわざ秋葉原まで出向いて買うことにしたのだった。

とはいうものの、
これまであまり秋葉原に行く機会が無かったため、
あまり秋葉原の地理に詳しくない。
いいお店も知らない。
まあ、
最悪ヨドバシカメラに行けばいいわけだし、
と、軽い気持ちで、
秋葉原のガチャガチャ専門店や、武器屋などをめぐりつつ、
キーボードを探すことにした。

そうしたら、
「あなたの欲しいキーボード必ずあります。」
みたいなことが書かれた巨大看板が出ているお店発見。
キーボードとマウスの専門館みたいなところだった。
アニメとフィギュアに支配されたとはいえ、
まだまだ腐っても電気街(失礼)、さすが侮れないな、
秋葉原。

お店の中のキーボードを触りまくった結果、
気に入ったキーボードを納得して購入することができた(FILCO FKB108Z/NB)。
重厚でメカニカルな、押し心地の良いキーボードで、実によい。
しかし、
今まさにこのエントリを書いてるときに気づいた(買う前から薄々そうだろうとは思っていた)のだが、
キーの操作音がカチャカチャとかなり大きい。

横で配偶者の人が就寝中にブログの更新することも多い私としては、
非常に気になるところである。
会社用にしちゃおうかな、とも考えている。

キーボード購入後は、初めての冥土喫茶へ。変換間違えた。
配偶者の人と行くところではないのかもしれないが、
配偶者の人とぐらいでないと恥ずかしくて行けないのも事実。

まあ、意外と普通の喫茶店だったかな。
「お帰りなさいませ、ご主人様」
とか言ってくれるかと思ったのに、
普通に「お客様」だったし。
店員の言葉遣いが丁寧な喫茶店、という点だけでも、
一定の価値を見出してもいいのではなかろうか。

地元に帰ってきてから、
牛角で晩御飯。

a0030792_10343049.jpg

K100D + DA14mm F2.8 ED (IF)

ホワイトバランスを白熱球にしただけなんだけど、
なんで炭が紫色になっちゃうの?
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-06 10:34 | FA★85mm F1.4

スウィトピィ~♪

a0030792_1754485.jpg


某所から、スイトピーが届けられた。

淡い色が非常に美しい。

タイトルは、配偶者の人が、スイトピーの花を生けながら歌っていた
調子を再現したもの。
われわれからやや上の世代までは、
スイトピーといえばこの歌と、DNAまでしみこんでしまっている。


*istD + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-03-05 17:16 | FA★85mm F1.4

曇天に紅梅

a0030792_135435.jpg


不安定な構図とピント位置だけど、ちょっと気に入ってる。
FA☆85mmは、ファインダーをのぞくだけで参ってしまうような
レンズなのだけども、
もう一つ使いこなせてない感じが強い。
幸せで悔しい、そんなレンズ。

*istD + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-02-27 01:42 | FA★85mm F1.4

家族

a0030792_1713623.jpg

*istD + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
今日は、家族をご紹介。
これが、配偶者の人。
洗濯物を干している姿を激写してみた。
私の靴下が写っているのがなんだが、
ガラス越しに写すことでふわっと実物以上に写せている、
と、
思う。



a0030792_1715356.jpg

*istD + SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX
これが、ペットのアイバーソン。
ケージのふたを開けておいて、
出てこようとするところを激写してみた。
文字通り蛇行している体と、
つやつやな瞳がかわいい、
と、
思う。
[PR]
by backseatofmycar | 2006-02-05 17:25 | FA★85mm F1.4

赤玉

a0030792_16835.jpg

東京に住んでいる人ならば、
一度はギョッとしたことがあるはず。

なんだか、ウルトラマンか何かで、
怪獣の卵を宿してしまったビルみたいで、
だんだん街全体がミニチュアに見えてくるから不思議だ。

あの玉の中、何が入っているんでしょうね。

今日は、恵比寿の写真美術館へ行った。
カメラは、表現するためのツールの一つでしかないのだなあ、
そんなことを強く思った。


*istD + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-21 01:18 | FA★85mm F1.4

ミュージカルバトン

a0030792_22244527.jpg



やっとミュージカルバトンを書ける。
Chaos And Creation In The Backyardの発売をじっと待っていたら、
こんなに遅くなってしまった。

私はビートルズ解散後のPaul McCartneyファンで、
聴く曲の7,80%はPaul McCartneyの曲である。
このブログタイトル"That Day is Done"も、PaulのアルバムFlowers In The Dirt内の曲名であるし、
今のハンドルbackseatというのも、RamのThe Back Seat Of My Carに由来している。
The Back Seat Of My Carというのは、今は放置中の私のHPのタイトルでもあり、やや、ややこしい。
ちなみに、そのHP自体がPaul McCartneyについて書いているものであり、メニュータイトルは全てPaulの曲名である。
なお、ハンドルについてだが、一応、thebackseatofmycar"というのがフルネームで、略称がbackseat、
基本的にはbackseatを主に使用する、というのが公式見解となっている。
なんだよ、公式見解って。

ともかく、そんな私なので、以下に挙げるものはPaul McCartneyばっかりだ。
バラエティが無くて面白くないだろうが、ファンなんだからしょうがないと、
開き直ってみる。

さてと。


コンピューターに入っている音楽ファイルの容量

いつも音楽を聴くのに使っているRio Carbonには、3.8GB音楽が入っており、
パソコンの中に入っている私の音楽ファイルはほぼ同量。
配偶者の人も同じパソコンを使っているので、合計では5GB弱かな。

今聞いている曲

・Chaos And Creation In The Backyard /Paul McCartney

Paul McCartneyの新作アルバム。これを書くために、今までバトンを離さなかった。
Paulの頭に浮かんでくるあまたのメロディをそのまま音楽に昇華させていった感じで、
意外性はあまりない。
ほぼ全ての楽器をPaul自身が演奏しているため、McCartneyやMcCartney2と比較されることもあるかと思うが、基本的には全く別物だと思う。
やはりプロデューサーを置いていることが最大の相違点となっているのだろうが、前述のアルバムと違い、ちゃんと曲が完成されている。
ただ、はまる要素はややすくない気がする。
うまく言えないのだが、第一印象は「レストランで食べる田舎料理」という感じ。
その手作り感も、ちゃんと計算されたもので、
アルバムMcCartneyのように離れ難い魅力があるのだけど、たまにギョッとするものが混じっているというようなことは無く、
安心してお召し上がりいただくことができる。


最後に買ったCD

・Chaos And Creation In The Backyard /Paul McCartney
・Fine Line /Paul McCartney

この二つは同時購入。
最後に買ったCDはPaulの最新作にしたかったので、書くのをここまで伸ばしてしまった。
まあ、買ったのももう結構前になってしまったけど。

上の写真はこの2枚のジャケットで、手前がChaos And Creation In The Backyardで、
奥がFine Line。
Fine LineはアルバムChaos And Creation In The Backyardからのファーストシングル。
Fine Lineにおまけ2曲が付いていなければ買わなかった。
ジャケットはFine Lineのほうが好き。
Chaos And Creation In The Backyardのジャケットは前作のDriving Rainに続いて、
本当にこれがベストなのだろうか?というもの。
Driving Rainのジャケットはカシオのリストカメラ(2.5万画素!少な!!)で撮影されたもので、
私は、驚きのあまりリストカメラを購入してしまった(今でもたまに使っている)。


Fine Lineはアップテンポのピアノ曲で、なかなかいい。
ファーストシングルはアップテンポでまとまりはあるけどスケール感はない曲、
というのが恒例になりつつある気がするが、この曲はかなり気に入っている。


よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

この質問はとても難しい。とりあえずさくっと挙げよう。

Dear Boy/Paul McCartney "Ram"より

Somebody Who Cares/Paul McCartney "Tug Of War"より

Footprints/Paul McCartney "Press To Play"より

That Day Is Done/Paul McCartney "Flowers In The Dirt"より

Calico Skies/Paul McCartney "Flaming Pie"より

以上は、いずれもシングルになっていない、アルバムの中の1曲にすぎないし、
各アルバムを代表する曲でもない。
でも、「このアルバムにこの曲があってよかった」という曲だ。
比較的おとなしめの選曲なのは、たまたまそんな気分だったから。
明日になれば、また変わることだろう。
だたし、例によって全部Paul McCartneyの曲であろうことは、
間違いがない。


バトンを渡す5名

さすがに、いまさらミュージカルバトンを渡されても困ってしまうでしょうから、ここで握りつぶします。
まあ、渡す人などいない、というのもありますが。

バトンを頂いたusakoさん、ありがとうございます。
それはもう、忘れるぐらい遅くなってしまいまして、申し訳ありませんでした。


*istD + FA☆85mm F1.4 ED [IF]

[PR]
by backseatofmycar | 2005-10-25 22:45 | FA★85mm F1.4