Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー

<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

へびのいる生活

a0030792_21354091.jpg


昨日は、アイバーソン(ペットの蛇)に餌(冷凍鼠)をあげた。
普段は、それはもうほんとうにゆっくりのんびりとしか動かないのだが、
捕食する瞬間だけは、驚くほどの速度と力感を見せ、鼠に絡みつく。
解凍された鼠は当然のことながら死んでいるのだが、
彼の自己満足のためかひとしきりその長い胴体で締めつけたあと、
必ず頭から、ゆっくりと丸呑みし始める。
多少スプラッタな姿ではあるが、私自身はもう見慣れたものだ。
食事中の写真もあるが、ちょっとまあ、なんだ。

食欲が満たされた後は、上の写真のように、
蓋に胴体の一番太いところより一回り大きい穴が穿たれた丸いタッパーに、
自ら非常に行儀よく収納される。

タッパーには、彼が入っても水が溢れない程度の水を入れている。
蓋を開け放つのではなく、穴を開けているのは、
彼が水浴びしても、周囲に水が飛び散らないようにするためだ。

頭から水に入った彼は、水中をゆっくりとタッパーの縁に沿ってぐるぐる周りだす。
それにつれて、彼の長い胴体はするすると水に引き込まれていく。
尻尾の先まで水に漬かりきってから、ちょこんと首だけをタッパーから出し、
そこでほとんどの活動を停止する。

写真はそんな時のものだ。
私は、彼が非常に満足しているのだと判断している。
しかし、
彼の表情は無表情としか言いようが無い。

写真のものより一回り小さいタッパーを使っていた時は、
首を出す隙間が見つからなくてそのまま窒息死するのではないかというぐらい、
ぎちぎちだった。
上の写真でも十分ぎちぎちに見えるかもしれないが、
それでも幾分か余裕があり、
以前のように、
首を出す隙間が見つからなくて水中を四苦八苦する彼の姿を見ることはできなくなった。
もちろん、本当に四苦八苦しているかは分からない。
なぜならそんなときでも、
彼の表情は無表情としか言いようが無い。

たまに出たり入ったりするようだが、
就寝前、起床後、帰社後、いつ見てもタッパーに収納されている日もある。
それ以外は、大抵、ただだらりとして、たまに気付いたように舌を出す。
まことに変化の無いペットだ。

あまりに美しく収納されているので、
このままタッパーごとレンジに入れて、
ダシのひとつでも取りたくなってしまう。

そのダシをどうするのかは、あまり考えたくない。

へびのいる生活は、
こんな感じで、その姿と同様に抑揚無く続いていく。

*istD +TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-29 21:40 | TAMRON 28-75mm

配偶者の人と*istD

a0030792_2393416.jpg


Z-1pからの初エントリは、私のメインの被写体である配偶者の人。
*istDにA50mmMacroを付けてパンジーを撮っている。

革ジャンが汚れるのも辞さず、肘をしっかりとつけてブレを防止しており、
なかなかどうにいった撮影スタイルでよろしい。
あとは左手がもっと安定するといいだろう。
と、えらそうに評価してあげた。

どうやら彼女は左が利き目のようだ。
私も元々は左だったのだが、でかい鼻がどうにも邪魔だったので右に矯正した。
慣れれば慣れるものだ。

DA18-55mmを購入して、出番を失ったかに思えたFAJ18-35mmだが、
Z-1pのおかげで役割を見つけることができた。
DA14mmが35mm換算21mmだから、
私の持っているレンズ中、最広角におどりでたのだった。
*istD用に初めて購入したFAJ18-35mmは、
Z-1p用のメインレンズとして、今後大活躍する。
と、いいなあと思っている。


Z-1p + FAJ18-35mm F4-5.6 AL
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-29 03:11 | FAJ18-35mm

無題

a0030792_16455929.jpg


ただいま。
出張から帰ってきました。
きょうは、出張先での一枚。


コントラストを高めているので、白がトビがち黒がツブレがち。
シャープネスも高すぎで、シャギーも目立つ。
でも、その余裕のなさが、これには似合う気がした。

*istD + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-27 17:00 | DA18-55mm

赤LOVE

a0030792_4194429.jpg
a0030792_420031.jpg
a0030792_4201566.jpg
a0030792_4202921.jpg
a0030792_4204115.jpg


また、今日から三宅島に行く(仕事)のだが、それにそなえて、
ペンタックスフォーラムでCCDおよびファインダーの清掃。
あわせて1050円というのは、妥当な範囲じゃないでしょうかね。

そのついでというとなんだが、ライトアップされた新宿の赤いLOVEを撮影した。
持って行ったのは一脚だけだったが、それでもかなりブレを抑えることができた。

今年のライトアップには、各地で青色LED大活躍の様子。
贅沢な技術の使い方だと思う。

クリスマスを控えたライトアップが早まり、紅葉が遅くなってるので、
両者を同時に撮影することができる。
喜ぶべきか、嘆くべきことなのか。

*istD + DA14mm F2.8 ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-24 04:34 | DA14mm F2.8

赤玉

a0030792_16835.jpg

東京に住んでいる人ならば、
一度はギョッとしたことがあるはず。

なんだか、ウルトラマンか何かで、
怪獣の卵を宿してしまったビルみたいで、
だんだん街全体がミニチュアに見えてくるから不思議だ。

あの玉の中、何が入っているんでしょうね。

今日は、恵比寿の写真美術館へ行った。
カメラは、表現するためのツールの一つでしかないのだなあ、
そんなことを強く思った。


*istD + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-21 01:18 | FA★85mm F1.4

三宅島にて

仕事で急きょ三宅島へいってきた。
朝、島について、昼には島を離れたので、
実質、船を待つか乗るかしていたのが、行程のほとんどの時間を占めた。

そんなわけで写真を撮る時間はほとんど無かったのだけど、
船を待っている間に撮影した写真をいくつか。


<初めてのビネッティング>
a0030792_1242474.jpg

帰りの船から三宅島の西側を撮影。

デジタル専用レンズだからこその周辺減光。
わざと周辺減光を出すために、
この明るいのに絞り解放で撮影している。
これはこれで味として面白いと思う。
自分でコントロールするすべさえあれば。


<噴煙>
a0030792_12515411.jpg

山頂の火口からの噴煙は、見るたびに形を変えているのだけど、
この写真を撮ったときはなかなかいい形だと思った。
風がほとんど無く、噴煙が真上に上がっている。
毎日この噴煙を見上げる生活というのは、
やはり、ちょっと落ち着かないものかもしれない。


<煌>
a0030792_1254534.jpg

港から、消波ブロックの影を入れて、灯台を撮影。
絞れるだけ絞って撮影したら、
ものすごい数のゴミが写り込んでしまった。
あ、そういえば最近ペンタックスフォーラム行ってないや。



*istD + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-20 12:58 | DA18-55mm

葉の上の小宇宙

a0030792_417776.jpg


写真ってのは、デジタル銀塩如何に関わらず、本当のところ
真を写すに非ず、というところだ。
マクロレンズには特に端的にそれを感じる。
肉眼で見たものと、上の写真はずいぶんと違う。

まあ、それが面白いところではある。

結果にとらわれる必要のないアマチュアの喜びは、
ファインダーを通して広がる小宇宙に魅了されてシャッターを切る行為そのものにある。
そんな意味で、ファインダーというものはとても大事な機能なのだなと思う。
いや、負け惜しみではなく。

*istD + SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-17 04:28 | SIGMA MACRO105mm

呪詛

1.0000000
1.1224620
1.1892071
1.2599210
1.4142136
1.5874011
1.6817928
1.7817974
2.0000000
2.2449241
2.3784142
2.5198421
2.8284271
3.1748021
3.3635857
3.5635949
4.0000000
4.4898482
4.7568285
5.0396842
5.6568542
6.3496042
6.7271713
7.1271897
8.0000000
8.9796964
9.5136569
10.079368
11.313708
12.699208
13.454343
14.254379
16.000000
17.959393
19.027314
20.158737
22.627417
25.398417
26.908685
28.508759
32.000000

いきなりなんだと思われたかもしれない。
すぐ分かった人は、勘がいいか、その、あれだ。

これは、F1.0から、1/3段、1/2段、2/3段、1段絞ったF値だ。
1段絞ったあとからまた、1/3段・・・というのを繰り返している。
口径比って、定義は焦点距離/有効口径なんだから単純なものだ。
だが、定義が単純だからって、分かりやすいものではない、少なくとも私はそう思う。
いや、歴史があるものだというのは理解しているが、それでもユーザーフレンドリではない。
適正露出と絞りとシャッター速度の関係は、簡単のためよく、
コップと蛇口の開きっぷりと開いている時間に例えられる。
蛇口を開けている時間が倍なら、コップにたまる水も倍、はい、分かりやすい。
じゃあ、蛇口の面積が倍なら、コップにたまる水も倍、でいいじゃない。
なんで、蛇口の直径が√2倍なら、コップにたまる水が倍、なのよ。
倍、倍ならいいけど、1/2段なんかがはいってくるとまたこれが。
1/2段っていうのは、シャッター速度で√2倍だから、絞りで言うと、2の1/4乗って、
なかなか出てこないと思うのだが。
調子に乗って続けるが、これを一般化すると、
x段絞るということは、2(x/2)倍F値が変化するということで、
逆に言うと、F値がy倍変わったということは、2log2Y段絞られたってことだな。
って、こんがらがるっちゅうねん。
また、さらにこんがらがるのは、単純に四捨五入をすればF値になるんじゃないってことだ。
例えば、F5.6とか、F3.5とか、0.06ぐらいの数字は切り捨てるみたいだ。
さらに、1/2段と1/3段、2/3段との兼ね合いとか、
開放F値が1.9とか、3.8とか、どこよそれ、というレンズのこととか、
F値が身体に浸透するにはもう少し時間がかかりそうである。

カメラをいぢるのが好きなだれしもが一度は通過する道だと思っているのだが、
自分の理解が遅すぎるのだろうか。


a0030792_224316100.jpg

落ち葉を多重露出で。
フレーミングの揺らぎの偶然性で遊んでみた。

*istD + K50mm F1.2
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-15 22:46 | K50mm F1.2

秋色のベンチ

a0030792_20503272.jpg


しっとりとした秋色を見せる夕暮れ時の公園のベンチ、というイメージで。
本当は、まだ3時半ぐらいなので、1.7段マイナスに露出補正している。
ほぼイメージどおりになった。

Z-1p初プリントの受け取りの帰り道での撮影。
心象風景を表していなくもない。
今回の写真は、人物ポートレートもしくは記念撮影ばっかりで、
そもそもブログには使えないものなのだが、
それにしてもあたり前の写真が多すぎる。
フィルムを前にして、若干手がかじかんでしまっているようだ。
もっと自由に撮影するために、現像が安いところ探そう。

*istD + FA28mm F2.8 AL
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-14 20:59 | FA28mm F2.8

買っちゃった。

a0030792_2149356.jpg


私は、いつからこんなに我慢の利かない人間になってしまったのだろう。
というような自問を深刻ぶってしてみても、
口の端がどうにもにやけてしまう今日この頃。

喜びを写真のサイズでアピール。
でかすぎですか。ごめんなさい。

まだ、フィルムの1本も撮りきってないんだけど、いくつか雑感。

・グリップ部にホットシューってのがかっこいい。それに結構正しいとも思う。
・モードダイヤル無いってのは戸惑う。HyP,HyMの楽しさが分かる前に、
 拒否反応が起きるのも分かる気がする。
・それでも、HyP,HyMってのはやっぱりいい。
・「ガシャコン]というシャッター音は気分が高揚する。
 ちなみに、*istDは「ジャキィン」、*istDsは「バコン」、反論希望。
・でも、ミラーショックは大きいね。
・グリップは大きめの私の手にちょうどだね、グリップストラップつけると完璧かも。
・ジャンクにグリップストラップ(なんならグリップ部だけでも)転がってないかなあ。
・プレビューボタンって、昔はこんなだったんだ。A位置では意味なしだあ。
・AF中央一点って、別にこれでいいって言やあこれでいいね。
・パノラマって懐かしい。でもいらん。
・まあ、ファインダーの中のパノラマ視野枠は、水平出すときのガイドになって良いけどね。
・パワーズームって、ちょっと使ってみたけどまだ何が便利なのか分からない。
・ペンタックスファンクション(字面長すぎ)は、マニュアル無いとなんともならんね。
 やっぱり背面液晶って偉大なんだなあ。
・シャッター押してから反射的に背面を見てしまう。習慣っておそろしい。

*istD + FA50mm F1.7
[PR]
by backseatofmycar | 2005-11-09 22:39 | FA50mm F1.7