Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

a0030792_331064.jpg

a0030792_334090.jpg

a0030792_341345.jpg


この週末は、のんびりとすごすことができた。
何していたかと言われると、実はファイナルファンタジー12を
やっていた時間が一番長かった気がするが、
それでは写真にならないので、
ちょっとお出かけした先での写真を。

三鷹駅からすこし南に行ったところにある家具屋さん。
オリエンタルないい雰囲気の家具屋さんだったが、
部屋をこの雰囲気で統一するつもりでないとだめかもしれない。
普通の部屋の中に一つあるだけでは、
ただの古びた家具になってしまう危険性もあると思った。

でも、
統一しようとしたらすごいお金がかかるんだよなぁ。

*istD + FAJ18-35mm F4-5.6 AL
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-17 03:26 | FAJ18-35mm

モンシロチョウ

a0030792_2216534.jpg


明らかにオーバー気味の露出なんだけど、これが正しいと感じさせる。
まだ、寒い日もあるけれど、もうずいぶん暖かくなった。

このままゆっくりと季節が動いてほしい。

でも、
気づいたら過酷な猛暑になってんだろうな。


*istD +TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-14 22:24 | TAMRON 28-75mm

花弁の道

a0030792_23244058.jpg


東京では、残念ながら桜はもう散ってしまった。
しかしながら、
散ってしまった花びらが地面を埋め尽くす様子も、また、楽しいものである。
近づいてみると、踏まれたりなんやりで、意外と汚いのだが、
こうやってマスで見ると、とても美しい。

DA14mm、DA魚眼購入から、若干登場頻度が減っているが、
一番好きなレンズのひとつである。
カメラにつけた姿も美しく、
実は*istDに一番似合うレンズではないかと思っている。

*istD + DA14mm F2.8 ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-13 23:30 | DA14mm F2.8
a0030792_329035.jpg


千葉旅行シリーズ最終回。
荒れ狂う太平洋を眺めながらの晩御飯は、
アワビのおどり焼き。

網の上で荒れ狂うアワビを、
動感を出すためにスローシャッターで撮影。
その激しさに、配偶者の人も私も若干引き気味。
人間とは罪な生き物である事よ。

・・・。

まあその、
美味しゅうございました。

ちなみに、
奥はマンボウの刺身
午前中にマンボウを水族館で見て、
午後にはその刺身を食らう。
人間とは(以下略)。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-11 03:38 | DA10-17mmFishEye

軍曹にはまってます

a0030792_1973577.jpg

この歳になってなんなのだが、
ケロロ軍曹関係の食玩やガチャガチャを見ると、つい買ってしまう。

昨日は、ついに、5コセットまとめ買い。
出来上がったのは、こんなの。
かなり満足。

満足なのはいいが、こんなもの、部屋のどこに置いたらいいのでしょう。


*istD + K50mm F1.2
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-09 20:48 | K50mm F1.2

シャチとラッコとアシカ

a0030792_1404368.jpg


a0030792_141538.jpg


a0030792_1412752.jpg


鴨川シーワールドシリーズ第三弾。
正直言うと基本的には鴨川シーワールドで撮影した写真は失敗ばかりだと思っている。
実力を現していると言われると、まさにそれまでなのだが、
なんだかもっとできたのではないかなあという思いがつきまとう。
ピントを合わせて、ブれないようにするのが精一杯で、
特に、アウトフォーカスの部分に気が回ってない。
イルカやシャチのショーの写真で、メインのジャンプの写真を使ってないのは、
そんな理由だ。

水族館の写真は、負けてばかりのような気がするが、
別に落ち込んでるわけではなく、
「ちくしょう、むずかしいなあ」
と、思いながら喜んでいる。
趣味なんて、満足したらおしまいなので、それでいいのだ。

そもそも、
旅行自体はとても楽しかったのである。

旅行の副産物である写真が、少々うまくいかなくても、
それでいいのだ。

副産物、といいながら、旅行の荷物の重量の少なくとも半分はカメラ関係なのは、
一般からするとちょっと異常かもしれないけどね。

ちなみに、持ってったものは、
*istD
Z-1p
DA Fisheye
DA16-45mm
FA 50mm F1.7
FA☆85mm
Sigma 105mm Macro
FA☆80-200mm
optio Wp
それに、
三脚やら外付けフラッシュやらフィルターやら予備電池やら。
合計するとかなりの重量になる。

うーん。
やっぱりもうちょっと考えた方がいいかな。

*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-09 02:05 | FA★80-200mm

魚眼で桜

a0030792_20162135.jpg

a0030792_20164124.jpg


満開の桜の木の下に立って、
じっと見上げる。

それだけで、
幸せな気分になる。

魚眼レンズを付けた*istDを持っていれば、
それはなおさらのこととなる。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-07 20:20 | DA10-17mmFishEye

ベルーガ

a0030792_2375539.jpg


a0030792_2381138.jpg


イルカの次は、ベルーガ、いわゆる白イルカのショー。

動きはあくまでスローモーで、ショーというよりも、
頭の良さの紹介というていではあったが、
写真の通りいかにもユーモラスな表情で、
なにやらほっとさせるものがあった。

二枚目の写真にあるように、
1頭だけ、小型のイルカも混ざっていたのだが、
彼は、基本的には白イルカの邪魔をしていただけで、
何のためにいるのかよく分からなかった。

関東では、
ここと八景島だけにいるらしい。

ショーとしては、迫力に欠けるものではあるが、
珍しい生き物が見られて、
しかもそれが人間の指示を理解しているのが分かっただけでも、
大いに満足であった。

*istD + DA 16-45mm F4 ED[AL]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-05 02:52 | DA16-45mm

ボール運び二態

a0030792_1483042.jpg


a0030792_1484981.jpg


3月の激務も何とか終わり、
自分へのご褒美として、千葉県に一泊で旅行に行ってきた。
メインの目的地は、鴨川シーワールド。

あいにくの突風吹きすさぶ異常な天気ではあったが、
前日の天気予報に反して、
午前中はなんとか雨が落ちることはなかった。
天からのご褒美だったのだろうと、ありがたく受け止める。

というわけで、
これから数日は気が済むまで、海洋生物三昧で行くことにする。

まずは、最初に見たイルカのショーから、イルカのボール運び。
なんで人間はこんな事やらすんやろ?
という表情に見えなくもない。


*istD + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-04-04 02:01 | FA★80-200mm