Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いっちょまえ

a0030792_23115452.jpg


前エントリにも書いたとおり、
甥っ子の運動会は中止となってしまったが、
日曜日の午後はようやく日差しが戻ったのだった。
そこで、
横浜の赤レンガ倉庫でやっていたワールドカップ日本代表応援イベントに行く。

赤レンガ倉庫中央の広場に設けられていた、
フットサル場では、子供むけの(大人もやっていたけど)、
キックターゲットやスピードガンチャレンジが行われていた。

小学校一年生の甥っ子も、PKボーリングに挑戦。
左利きということもあってか、ずいぶんといっちょまえに見える。
振りぬく利き足が被写体ブレをしているのもいい。

まあ、
このとき、ピンははずしましたけどね。
それはご愛嬌。

*istD + DA 16-45mm F4 ED[AL]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-29 23:21 | DA16-45mm

もう梅雨か

a0030792_22504210.jpg


この週末は、甥っ子の運動会が予定されており、
そのカメラマンとして招集されていたのだが、
あいにくの雨で、土日とも中止。
代替は火曜日だそうで、さすがに仕事休んでまでは行けないので、
今年は断念することとなったのだった。

それにしても、
ゴールデンウィーク後半ぐらいから、
連日、雨ばかりな気がする。

そんなわけで、
長雨をよろこんでいる(と思われる)
カタツムリを撮影。

なかなかいい構図だと思っているのだが、
摘み上げて配置したので、自然ではない。
まあ、演出の範囲内、ということで。

*istD + SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-29 23:03 | SIGMA MACRO105mm

狩らない鷹

a0030792_341319.jpg


友人の飼っている鷹。
その友人は、鷹は勘定に入れませんというブログをやっており、
鷹のかわいい写真と、若干狂ったテキストで、毎日のように私を楽しませてくれている。

その友人の家に遊びに行った際、私も写真を撮らせてもらったのだった。
かわいさでは、飼い主である友人の愛情あふれた写真にかなわないと思ったので、
サイド光でかっこよさを演出しようと試みる。

でも、やっぱりかわいい写真になってしまった。
狩る者の目をしていないからだ、と、被写体のせいにしておく。

*istD + SIGMA 28-300mm F3.5-6.3 MACRO
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-26 03:07 | SIGMA 28-300mm

都市空間2006

a0030792_2442136.jpg

自分自身でもコメントしづらい写真を選んでしまった。

某駅の、利用者には全く意味のない空間。
前々から気になる空間なのだが、
写真にしてみようという気はなかった。

今日、はじめて撮ってみた。
だからなんだ。
自分でもそう思う。

K100D。
何がすごいって、とにかく安い。
しかも一万円キャッシュバックって、本当にすごい。
気がついたら財布からごっそりお金が無くなっているのが特徴の
ある種の気絶をしてしまう危険性があるので、
お金をたくさん持ち歩かないようにしなくちゃね。

興奮気味に配偶者の人にK100Dについて語っていたら、
「あのね、レンズがたくさんあるのは分かるけど本体がたくさんあっても意味ないんじゃない」
とのこと。
冷静で正しい意見である、
かのように見える。
しかし、
レンズがたくさんあるのは分かる
の時点で、既に私の教育の勝利と言えよう。

*istD + FA28mm F2.8 AL
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-25 02:57 | FA28mm F2.8

砂漠に漂う

a0030792_23393239.jpg


べつに何かタイミングがあったわけでもなく、
ただなんとなく中断しているときのほうが、復帰が難しい。
ただなんとなく復帰すればいいのだが、
華々しい何かを自分自身に期待してしまう。
期待するほど華々しい何かはたいていないので、
ただ理由もなく復帰が遅れてしまう。
これは、不幸なことである。

そんなわけで、
ただなんとなく復帰するこころみである。

さて、
そんなことより。
発表されました。K100D。
SR搭載機は中級機が先になるかと思っていたのに、
寝耳に水な発表(ロシアあたりの情報がネットでは流れたが)であった。
ほしい。そりゃ、欲しい。
でも、

びみょーん。

600万画素、これはこれでいい。
でも、
ペンタミラー。

びみょーん。

やっぱり、中級機まで待ちますかねぇ。
でも、発売が遅れそうなうわさもあるしなぁ。

びみょーん。


*istD + A 50mm F2.8 MACRO
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-23 23:55 | A50mm F2.8 MACRO

ミズバショウ

a0030792_255117.jpg

頭のなかはまだGW。
美女峠のミズバショウ。
じっくり見れば見るほど、変な花だなあと思う。

今回、Z-1pも持ち出したこともあり、
レンズの軽量化のために望遠はSIGMAの28-300オンリーで行った。
なにはともあれ便利なことこの上ないのだが、
望遠時のピントがどうにも怪しい。
もちろん、ファインダーの時点で気づくべきなのだろうが、
被写界深度が深いので、タイミング優先だとなかなかそれも難しい。
望遠はご自慢のFA☆80-200mmと行きたいところだが、
鞄があまりに重量級になってしまう。

旅行前のレンズ選びは、難しい判断がせまられる。
まあ、それが楽しいところでもある。

*istD + SIGMA 28-300mm F3.5-6.3 MACRO
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-16 03:17 | SIGMA 28-300mm

臥竜桜

a0030792_2435388.jpg


ブログの限界に挑戦するような巨大な写真で、
驚かせてしまい申し訳ない。
でも、どうしてもサイズが必要な写真もあるものだ。

今年のゴールデンウィークは、配偶者の人の実家である高山に行ってきた。
東京都は、完全に一ヶ月程度季節がずれているようで、
まだたくさんの桜を見ることが出来た。
そんなわけで、早起きをして見に行った飛騨の名桜、臥竜桜。
素晴らしい天気だったので、大きく空を取り入れた写真にしたかったのだが、
桜自体もある程度のサイズが欲しい、
というわけでこんなに巨大になってしまった。

ちなみに、この桜は合計80枚ぐらい写真を撮ったのだが、
使ったのはファーストショットだった。
見て一番最初に素直にこう撮りたいと思ったアングルが、
結局の所一番自分がいいと思えるアングルだったのだろう。
残りの写真は何だったのだという気もするが、
そんなもんかもしれないとも思う。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)

おまけ、
臥竜桜とヒヨドリ。
a0030792_2583069.jpg


*istD + SIGMA 28-300mm F3.5-6.3 MACRO
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-11 02:59 | DA10-17mmFishEye

節操のない日常の数々

前エントリーでも触れたのだが、FF12に大はまりである。
FF7以来、何年、何作ぶりかのファイナルファンタジーだ。
もう、この手の時間のかかるRPGは出来ない体になっているのではないかと思っていたのだが、
何のことはない、
はじめて見たら、ブログの更新も全休してしまうほど、はまっている。

家にいるすべての余暇の時間をゲームに当てるなど、久しぶりだ。
久しぶりにやってみて、つくづく思ったことがある。
自分に子供が出来たら、ゲームは禁止にしよう。

さて、
そんなわけで、家にいるときはゲーム三昧だったのだが、
別に引きこもっていたわけではないので、写真は撮っていた。
今日はその休んでいた期間に撮っていた写真のお蔵出し。

時系列的に並べたのだが、あまりの節操のなさにめまいがしそうになった。


a0030792_15131221.jpg

赤羽某所にある、霊園居酒屋。
霊園居酒屋ってどんなジャンルなんだかはよくわからない。
私は数年前まで赤羽に住んでいたので、
こんな写真だが、感じるのは懐かしさだ。

a0030792_15133997.jpg

近所の公園。
パンジーの中にチューリップ一輪という心憎い花壇の構成を生かした
写真を撮りたかったのだが、なかなか難しい。

a0030792_15135780.jpg

大泉学園近郊某所。
配偶者の人に連れて行かれたケーキ屋さん。
ケーキ屋さんには色々連れて行かれるのだが、
このお店が一番美味しいらしい。
場所があまり良くないのが難点かな。

a0030792_15141898.jpg

石神井公園にて。
照姫祭り、というものを見に行ったのだが、
小雨がぱらつく悪天候で、パレードは中止。
せっかく持ち出した望遠レンズがもったいないので、
鵜を撮影して帰ってきた。

a0030792_15143682.jpg

通勤途上。
実は、4月はDA40mm見直し月間であった。
丁度いい画角だとは思っているのだが、なぜかそれほどの使用頻度ではなかった。
何となくカタイというイメージがつきすぎているからだと思うので、
使いこんで是正しようと思い撮影したもの。

a0030792_15145162.jpg

通勤途上。
FA☆85mmを解放近くで使う訓練の一つ。
背景の状況が全く分からなくなってしまったので、
写真としてはどうかと思うが、
レンズの描写としては素晴らしいの一言であった。

a0030792_1515636.jpg

通勤途上。
これもFA☆85mmだ。
ノスタルジックな組写真の要素の1つには鳴るかなという感じ。
一枚では少し弱いところがあるかなあと思う。

a0030792_15152577.jpg

吉祥寺にて。
雑貨屋さんの変なシャンデリア。
吉祥にいくと、配偶者の人の雑貨屋さん巡りにつきあうこととなる。
配偶者の人はこういう雑貨屋さんが大好きなのだ。
正直、家具には全く興味がないのだが、
こだわりが被らないところが、家庭円満の秘訣の一つではないかと思っている。

a0030792_15154158.jpg

ご近所にて。
いつか、田舎に住んで、孫のためかに、こんな大きな鯉のぼりを、
大空に羽ばたかせてあげたいなあと思いつつ撮影。
でも、実際は、マンションのベランダに小さいのを、
ってところなんだろうなと思っている。

a0030792_15155841.jpg

通勤途上。
小雨と花。
小雨の日の彩度の高さは、写欲を高める。
*istD後継機が防塵・防滴になればいいのになあと思っている。
でも、レンズどうするんだろ。

a0030792_15161592.jpg

通勤途上。
剣呑な門にポトリと落ちた花一輪。

-------------------------
こうやって並べてみると、
本当に節操がないというか、
一貫性がないというか、
個性がないというか、
よくわからんのだが、
散漫だなあと思う。
でも、
自分のテーマを見つけて云々というのには、
まだやってみたいことが多すぎるのも正直なところなのだ。
[PR]
by backseatofmycar | 2006-05-03 15:16 | その他