Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏の日

a0030792_20272614.jpg


a0030792_20273921.jpg


a0030792_20275659.jpg


ああ、8月が終わる、夏が終わってしまう。

そんな、残暑を感じる(と、自分が思っている)写真を、
ここ2,3日で撮影した写真からセレクト。

ここんとこ、満足に写真を取る時間と気力がなくて、
写欲が高まっている。
重たいカメラバックをオープンカーに放り込んで、
どこか遠くへ、雄大な景色を見にいきたい。
雄大な景色を撮影して、
雄大さが再現できていないガッカリ感を味わいたい。

そんな今日この頃。

上)K100D + SIGMA 28-300mm F3.5-6.3 MACRO
中)K100D + K 135mm F2.5
下)K100D + FA50mm F1.7
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-31 21:49 | FA50mm F1.7

いろ、いろいろ

a0030792_041451.jpg


近所の公園の花壇。
つまんなくない花の写真を目指して、
あさってな方向に行ってしまった気がするが、
まあいいや。
久しぶりにカメラ握れて嬉しかったし。

今年の夏休みは比較的しっかりとったのだが、
その反動がここにきて、
今週はやたらと忙しい。
せめて、
通勤時にカメラを持つひまぐらい欲しいものだ。

K100D+ K50mm F1.2
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-25 00:46 | K50mm F1.2

金魚アクアリウム


a0030792_1533285.jpg


盆休み、実家に帰って一番心配だったのは、
もちろん我が金魚たちのことである。

餌に関しては、全く心配していなかった。
餓死した金魚はいないといわれるほどで、
一週間程度なら返って体調にいいぐらいなのだ。
しかし、
何しろ真夏のことなので、水温が心配であった。

どうやら、
金魚たちは元気でいてくれたようで、
私としては一安心である。

まあ、
徐々に水質も安定してきているのではないだろうかと思う。
これからは、2,3週間に1度の水換えにして、
長期安定化を図ろう。

現在、金魚は合計4匹で、
それぞれが我が家に来てから3週間~1ヶ月程度だ。
古い順から、
和金
水泡眼
桜錦
蘭鋳(らんちゅう)
である。
すべて漢字で名前を書けるところがいいところ。

K100D + DA14mm F2.8 ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-19 15:47 | アクアリウム

夏トマト

a0030792_184552.jpg


お盆休みも終わり、
今日から通常営業予定である。

お盆休みは例によって実家に帰っていた。
写真はたくさん撮影したのだが、
その多くは家族写真なので、ここでは使うことが出来ない。

そんな、限られた中での一枚は、
実家の庭に植えられていたプチトマト。
父親から、背景が大きくぼけた写真が撮りたいのだが、
デジタルカメラでは難しいという相談を受け、
デジタル一眼レフなら簡単だよ、
と言いながらちょっと庭に出て撮影したもの。
2.5型液晶で撮影結果を見せると、
父は、「そうそうそういうの」という感じであり、
それなりに感心していたようだ。

帰省の旅に重量級の機材を持ってくる私を、
道具の割に写真はたいしたこと無いと評していたのだが、
今回のことで、
少なくとも道具にはある程度の理解は示してもらえたようだ。

私は、
ちゃっちゃとデジタル一眼レフと50mmマクロぐらいを
購入してしまえばいいと思うのだが、
重たい機材には抵抗があるらしい。

でも、
この父の作ったトマトの色、
素晴らしいじゃないですか。
また、
最近はその時期には実家に帰れないけれど、
父とこの庭は毎年、
数百本のチューリップを見事に咲かせいるじゃないですか。

これらを残すために、
多少機材をおごってもいいと、
私などは思ってしまうのであるが、
みなさんはいかがだろうか。

K100D + SIGMA 28-300mm F3.5-6.3 MACRO
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-19 02:08 | SIGMA 28-300mm

・・・し続けるもの

a0030792_3252464.jpg


新宿にて。
ただマネキンを撮っただけと言われると、
その通りとしか言いようがないのだけれど、
個人的には、
右側の影の入れ方がちょっと気に入っている。

写真は光をフィルムなりCCDなりに写し込む作業である以上、
そのネガである影の使い方も、光と同様に重要なものである。

それはまあ言葉では分かっているのだけれど、
効果的な影の使い方は自分自身全く出来ておらず、
暗中模索、五里霧中、というところである。

こればっかりは機材が云々というところではないので、
腕のなさを道具でカバーという私の基本方針?では、
解決が難しい問題として横たわり続けている。

K100D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-14 03:40 | FA★85mm F1.4

CHICAGO

a0030792_9195881.jpg


今日のカクテルはシカゴ。

グラニュー糖をスノースタイルにしたグラスに、

ブランデー 60ml
オレンジキュラソー 1/4tsp
アロマチックビターズ 1dash

以上をシェークして投入すると出来上がり。

スノースタイル向きのグラスじゃなかったかな。
でも、なかなかかっこよく撮れたような気がする。

味はちょっと失敗。
夏だからキリッと冷やしたいところなのだが、
シェークしすぎて氷が溶けて水っぽくなってしまった。

配偶者の人が一人で実家に帰ってしまったため、
一人でガバガバ飲んでたら、酔った。
夜が明ける前に更新しようと思っていたのに、
RAWファイルを現像中に、
マウスを手にしたまま眠ってしまっていた。

*istD + FA50mm F1.7
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-13 09:44 | カクテル

長男と末っ子

a0030792_3145942.jpg


PentaxのDSLRの長男と末っ子。
どちらも私の大切な宝物である。
グリップの形状こそ大きな違いがあるが、
細かいブラッシュアップを続けてきたんだろうなあ
ということが伺われるほど、
両者はよく似ていて、ちょっとずつ違う。

E-100RS
早すぎた存在だとか、隠れた名機などと言われる、
オリンパス渾身の逸品であるE-100RS。
いまだに他の追随を許さない15コマ/秒の連写性能、
シャッターを押す前の画像が撮れてしまうプリキャプチャ機能、
キヤノン製とおぼしき手ぶれ補正つき10倍ズームレンズ、
その当時でさえやや時代遅れになりつつあった150万画素という控えめの画素数、
控えめじゃない定価。
個性的なカメラで、ある。
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-11 10:22 | その他

スイホウガン

a0030792_1259338.jpg


なんとか生き残っている我が家の水泡眼。
一度は、かなり弱ってしまい明日死ぬかという状態だったのだが、
1週間の餌抜きおよび塩水浴および薬浴で、概ね元気を取り戻してくれた。
そんなこともあって、愛着がわいてかわいくってしかたがない。

このブログに載せたら死ぬとかいうジンクスを作らないでいただきたいと、
切に願っている。

この画像のやつが本当にかわいいのかと素で尋ねられると、
正直微妙と言わざるをえないが、
左右の水泡をぶるんぶるんいわせながら不器用に泳ぐ姿は、
少なくとも愛らしいと思えるものである。


ひょんなきっかけで始めてしまった金魚飼育であるが、
これがもう、本当に大変である。
ペーハーを計測したり、
亜硝酸濃度を計測したり、
弱ったやつを薬浴させたり、
塩水浴させたり。
1/4ぐらいの水換えは週に2回ぐらいやっている。
餌をやるのは楽しいのでいいのだが、
健康のために餌をやらないほうが難しい。
なんだか度を越してきて、
現在、水槽の3箇所で水温を計測し、
2種類の濾過機を併用し、
それとは別のエアレーション(ぶくぶく)も施している。
ヒーターとサーモスタットはもちろんだが、
真昼の水温低下のためのクーラー(小さい扇風機みたいなやつ)も取り付けている。
水槽の周囲は末期のがん患者のようにチューブとコードだらけである。

ともかく、つたない知識と限られた時間を使って、
できることは全部やろうとしている。

でも、
死ぬ。

お気に入りから、
死ぬ。

病気になって、
死ぬ。

理由も分からないまま、
死ぬ。

K100D+ SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-09 13:03 | アクアリウム

万世橋

a0030792_10212015.jpg

K100D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]

写真は秋葉原駅降りてすぐの
国道17号にかかる万世橋の欄干。
やや薄暗くなり始めた橋とバイクのバランスがいいかと思い、
ナンバーがフレームインしないように注意しながら撮影。
背景に気が回ってないところが減点。

万世橋は結構古いので、耐震面ではやや心配な存在だ。


数日前から、
私は家ではブログの更新が出来なくなっていた。
というのも、
我家のパソコンのキーボードが故障してしまったからだ。

無反応なボタンもあれば、
一個押しただけで数種類の文字が打てるボタンもあれば、
一回押しただけで押し続けた状態になってしまうボタンもあるという、
もうめちゃくちゃでよく分からない状態になっていた。

そんな状態では、全く何も出来ないので、
しかたなくキーボードは買いなおすことにした。
せっかくだから多くの候補から選択したかったので、
わざわざ秋葉原まで出向いて買うことにしたのだった。

とはいうものの、
これまであまり秋葉原に行く機会が無かったため、
あまり秋葉原の地理に詳しくない。
いいお店も知らない。
まあ、
最悪ヨドバシカメラに行けばいいわけだし、
と、軽い気持ちで、
秋葉原のガチャガチャ専門店や、武器屋などをめぐりつつ、
キーボードを探すことにした。

そうしたら、
「あなたの欲しいキーボード必ずあります。」
みたいなことが書かれた巨大看板が出ているお店発見。
キーボードとマウスの専門館みたいなところだった。
アニメとフィギュアに支配されたとはいえ、
まだまだ腐っても電気街(失礼)、さすが侮れないな、
秋葉原。

お店の中のキーボードを触りまくった結果、
気に入ったキーボードを納得して購入することができた(FILCO FKB108Z/NB)。
重厚でメカニカルな、押し心地の良いキーボードで、実によい。
しかし、
今まさにこのエントリを書いてるときに気づいた(買う前から薄々そうだろうとは思っていた)のだが、
キーの操作音がカチャカチャとかなり大きい。

横で配偶者の人が就寝中にブログの更新することも多い私としては、
非常に気になるところである。
会社用にしちゃおうかな、とも考えている。

キーボード購入後は、初めての冥土喫茶へ。変換間違えた。
配偶者の人と行くところではないのかもしれないが、
配偶者の人とぐらいでないと恥ずかしくて行けないのも事実。

まあ、意外と普通の喫茶店だったかな。
「お帰りなさいませ、ご主人様」
とか言ってくれるかと思ったのに、
普通に「お客様」だったし。
店員の言葉遣いが丁寧な喫茶店、という点だけでも、
一定の価値を見出してもいいのではなかろうか。

地元に帰ってきてから、
牛角で晩御飯。

a0030792_10343049.jpg

K100D + DA14mm F2.8 ED (IF)

ホワイトバランスを白熱球にしただけなんだけど、
なんで炭が紫色になっちゃうの?
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-06 10:34 | FA★85mm F1.4

いつもの公園

a0030792_236392.jpg


週末の夏祭りを控えたいつもの近所の公園。
奥にやぐらが組まれ、祭を待ち構えている。
普段は、どこかの一角が必ず芝生養成中で立ち入り不可なのだが、
地域の夏祭りを控えた現在だけは、
全面立ち入り可能だ。

そんなわけで、芝生を前面に出して撮影してみた。
こんな普通の街区公園で芝生を維持するのはどれだけ大変だろうか。
植えた端から、不特定多数の人に踏み荒らされ、
痛んでぼろぼろになったころにまた植えられる。
その砂地に水をまくようないたましい努力が、
この公園を好きな理由のひとつである。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-04 23:13 | DA10-17mmFishEye