Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

a0030792_259496.jpg


















a0030792_2591717.jpg


















a0030792_2592720.jpg


















a0030792_2593717.jpg


















a0030792_259455.jpg


















a0030792_2595556.jpg


















a0030792_30377.jpg
















ひどく悲しい。
とても情けない。
昨日、
我が家の金魚で二番目の古株だった、
水泡眼が死んでしまった。


絶対、飼うのうまくなるから、
そしたら、
またいつか、
うちに戻ってきておくれ。
そう願って、
土に埋めた。


配偶者の人の書いた、豆絵本。
飼い主としてあまりに未熟で、恥ずかしくて申し訳なくて何も言えないけど、
愛情だけはもっていたということだけは、
水泡眼に伝えたい。



もう、伝わらないんだろうけど。












a0030792_301345.jpg

[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-25 03:16 | アクアリウム

FA77mmで花

a0030792_2025378.jpg


ポートレートレンズの最高峰、FA☆85mmとFA77mmLTD。
ついに、その両方を手に入れてしまった。
使い分けはどのようにすべきなのだろうか。

どちらも、写りは繊細にしてシャープ、
手にしたときの高揚感も甲乙付けがたし。

さて、どうしましょう。困りましたね。
いや、
ぜんぜん困ってないんですけどね。
本当は。

上の写真は、近所の公園。
普通のコンパクトデジカメだとちょっと難しい被写体で、
大口径望遠を手にしたらまず、
こんな写真ばっかり撮ろうとしてしまう。

K100D + FA77mmF1.8 Limited
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-22 22:02 | FA77mm F1.8 LTD
a0030792_116774.jpg


大江戸線某駅。
大江戸線は、駅のどこかにこんなオブジェ?がひとつずつあって面白い。
中途半端に切り取ることで、
なんだこれ?と感じた私の気持ちに共感してほしいという意図を込めた。
なにかのセンテンスに惹かれたとかいうわけではないので、
切り取ったテキストにまったく意味はない。


Google様は、今現在「DA40mm」で検索すると、
なぜか、このブログを一番上に表示なさる。
それ自体は、正直ちょっとうれしかったりするのだが、
このブログでは、というか私のストックには、
DA40mmで撮った写真はあまりいいものがない。
そのため、
やや心苦しいところのほうが、
嬉しさよりも先に立ってしまうのだった。

我が家のDA40mmは、相変わらず、
お散歩だったり、通勤のお供だったり、
撮影が主目的でない場合の選択肢という、
地味な役割を淡々とこなしている。

K100D + DA40mm F2.8 Limited
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-19 01:31 | DA40mm F2.8 LTD

黒らんちゅう

a0030792_15542799.jpg


我が家の金魚の新顔、黒らんちゅう。
漆黒の魚体と、発達した肉瘤が美しいのである。

黒は、意外と維持するのが難しいらしく、
特に室内飼いでは色が抜けてしまいがちらしいが、
なんとかこの色を保って欲しい。

まあ、そんなことよりなにより、
まずは死なないいてほしいというのが、正直なところ。
結構、高かったし。

水槽はとりあえず生物濾過サイクルが完成し、
安定状態になったようだ。
もうそう簡単には死なないはずだが、油断しないようにしたい。

K100D + FA77mmF1.8 Limited
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-17 16:22 | アクアリウム

K10D

a0030792_4135298.jpg

久しぶりの好天を存分に楽しむため、
車の屋根を取っ払って、新宿までドライブ。
目的地のひとつはペンタックスフォーラム。
K10Dの姿を、ケース越しにでも見ることができるだろうと思ったからだ。

だが、
私の予想は外れた。それも、良いほうに。
今日から、実機をユーザーが手に取ることができるようになっていたのだ。

K10Dを握ってみた感想を、これから思いつくまま順不同に述べたい。

・気にしていた重量増だが、手にとって見るとそれほど気にならない。
 ただし、展示されていたK10D(バッテリーグリップつき)に搭載されていた
 バッテリーは1つであったことを付記する。

・シャッター音は、*istDと比べればK100Dにより近い。
 ただし、K100Dとイコールではなく、シーリングされていることによる、重厚感がある。
 個人的には、悪くないと思う。エクセレント、というレベルではないが。

・シャッターは、半押しまでが非常に浅いという印象を受けた。
 これまでのPentax一眼レフとはどれとも似ていない。
 AF速度を機敏に感じさせる効果があるかもしれない。

・AF速度そのものは、特段早いとは感じなかった。
 これまで同様、速度より精度重視でクックッと前後しながら追い込むタイプであるようだ。
 個人的には必要十分ではある。

・K10Dは、露出操作において、ISO感度を、
 絞り及びシャッター速度と同レベルの第三の指標であると完全に認識している。

・上記は、感度優先AE、絞り・シャッター速度優先AEにおいて理解できる。

・絞り優先AE、シャッター速度優先AEにおいて、
 *istDでは役割のなかったひとつのダイヤルを
 ダイレクト露出補正に用いることができる。
 ハイパープログラムにより、 相対的に必要性の低くなった
 絞り優先AE、シャッター速度優先AEに、新たな意味ができた。

・プログラムポジションにおいても、*istD同様のハイパー操作だけではなく、
 ひとつのダイヤルをプログラムシフト、もうひとつをダイレクト露出補正として使うこともできる。
 個人的には、どのように設定するか非常に悩ましい。

・総合的見て、露出操作では、
 いわゆるハイアマチュア層のニーズはことごとく満たすことができるのではなかろうかと感じる。
 私にとっては、十分以上である。

・以上露出に関する記述は、ペンタックスの中の人が懇切丁寧に語ってくれたので、
 分かったものである。 ものすごく親切に教えてくれた。
 あいかわらず、ペンタックスフォーラムに行くと良い気分になれる。
 企業として、プロダクトの優秀性と同じぐらい重要なことではないかと思う。
 そして、個人的には、数少ない東京に住んでいて良かったと思う瞬間である。

・ダストリムーバブルは、CCDを高周波数で振動させてゴミを落とすのかと思っていたのだが、
 もっと直感的動作だ。
 具体には、CCDを稼動領域の端にコツコツ当てて、慣性の法則でゴミを落とそうとしている。
 もちろん、フォーラムで触っただけで、その効果を評価できるわけではないが、
 少なくとも、「あ、K10D、ガンバってるね。」と、手の中で感じる動きで、面白い。

・jpegとRAWの使い分けは人それぞれだとは思うが、
 「ここぞというときだけRAW」派のユーザーにとって、
 RAWボタンの存在は非常にありがたいものだと思う。

・地味なところだが、デジタルプレビューで拡大できるようになった。
 ピントチェックに効果的だろう。
 あとは、デジタルプレビューを場合によっては保存できるようになれば
 言うことなしなのだが、意外と難しいらしい。

・アイカップM2が装着可能なことが確認できた。個人的にとても嬉しい。
 また、すぐにアイカップM2を持ってきて確かめてくれたペンタックスの方に
 感謝したい。

・バッテリーグリップにグリーンボタンがついた。欲しいといっていた人が
 多いのだろうが、私の言うことを聞いてくれたのではないかと思いたくなる。

・おまけの1GBのSDカードは、パナソニックのものだそうだ。残念ながら、
 Pentaxのロゴ入りとかではないらしい。
 もうひとつのおまけのメディアケースには、きっとPentaxのロゴが入るらしい。
 また、本体にあわせて防塵・防滴ケースだそうだ。

・K100D、K10Dときたら、次は・・・と、水を向けてみると、
 「K1DはMZ-Sベースの例のフルサイズモデルの試作機のことですから」
 と、言っておられた。
 すぐに上位機種が出ることはないから安心して買え、ということだろう。

・レンズ内の超音波モーターについては、フォーラムの中の人もまだ触ったことがなく、
 どうようなものになるかよく分からないらしい。期待して待ちたい。

・総合的には、最も重要な画質につての評価が欠落しているということはさておいても、
 真摯にユーザーの声を聞き、非常に一生懸命考えて、
 できる限りのことをつめこんだカメラだと感じた。

・私の個人的評価は、多言を労するよりも、これのほうが的確だろう。
a0030792_413639.jpg

お分かりかとは思うが、予約の注文伝票である。


K100D + FA77mmF1.8 Limited
勢いで欲しかった77mmまで買ってしまった!
とまらない!
だれかとめて!
いや、とめないで!!
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-17 06:23 | FA77mm F1.8 LTD

トワイライト銀座

a0030792_1254289.jpg


前の週末、配偶者の人と銀座デート。

うーん。

同じ場所から出発して同じ場所に帰ってくることとなる配偶者との外出を
デートと呼ぶものなのかは私には判断できないのだけれど
まあ、配偶者の人がデートというのだからそれでいいや。

われわれ夫婦はどちらもほとんどテレビを見ない、
もしくは見られないのだけれども、
数少ない、やっているのを見つけたら見る番組のひとつに、
ニューデザインなんちゃらというものがある。
ごめんなさい。
正確な名前分からない。

その番組中の作品の展示会が、
銀座にあるニッサンのショールームで行われていたので、
ちょっと見にいったのだった。

展示された作品はどれも面白く、感心させられた。
売るっていうと別問題だろうけど。

写真は銀座の中心部。
空に星のひとつでもあれば絵になるのだけれど、
銀座じゃ難しいかな。
直行する道路が両方見通せるのが、魚眼って面白いなと思う。
買ってよかった。
使いこなせてるとは思えないけど。

*istD + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-14 16:12 | DA10-17mmFishEye

深夜の散歩

a0030792_18415147.jpg


昨日は、仕事をほったらかして、少し早めに帰宅した。

で、配偶者の人と、近くのコンビにまで深夜の散歩。

必要ないものをごちゃごちゃと買って、帰る。

それだけ。

それだけなんだけど、

それが楽しくて、貴重な一瞬だったと思う。

K100D + FA soft 28mm F2.8
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-08 18:49 | FA soft 28mm

連結新幹線

a0030792_114233.jpg


お仕事で新潟へ。
東京駅で新幹線を待っていたら、
目の前で、新幹線が4種類くっつきあっていたので、
ついつい撮影。
でも、この4種類の新幹線がそれぞれ何であるかは、
私には全く分からないのであった。

よし、勘で言ってみよう。
Max
とき
こまち
・・・
つばめ?

K100D + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-05 01:08 | DA18-55mm

果物屋

a0030792_2315467.jpg


うーん。
昭和?って感じ。

本当の昭和の時代にさかのぼって、
「これ、21世紀の日本、しかも東京区部」
って言っても、
信じてもらえなさそうな気がする。

ただ、変わってないのは悪いことばかりではない。

Z-1p + FAJ18-35mm F4-5.6 AL
[PR]
by backseatofmycar | 2006-09-02 02:51 | FAJ18-35mm