Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

水槽の働き者

a0030792_218549.jpg


めだか水槽にコケが目立ってきた。
水槽の掃除職人として期待していた、
ミナミヌマエビでは、掃除能力に限界があるようだ。
というわけで、
写真のミゾレヌマエビと、
オトシンネグロを追加投入。

投入後一週間たったのだが、
かなり活躍してくれている。
掃除すべきものがなくなってしまうのではないだろうかと思うほどだ。
特に、えび軍団は、けなげにコケを取る様子が見ていて頼もしい。

今日は、そんなえび軍団の写真。
ウィローモスというコケをきれいにしてくれている。

ところで、ウィローモスこそコケであり、
えびが食べてくれているのは、藻ではないかと思うのだが、
アクアリウム界では、エビ類やオトシンたちが食べてくれるものを、
コケと表現するのが一般的なようだ。

まあ、ともかくも購入したものは食べなくて、
勝手に増えたものは食べてくれると言うのは、
よくできたものだなと思う。
この調子でがんばってほしい。


K100D+ SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX
[PR]
by backseatofmycar | 2006-10-29 02:36 | アクアリウム

明日は晴れらしい

a0030792_043023.jpg


知ってる人は知っている、日本で三番目に高い塔。

上部の色は、明日の午前中の天気を現している。

紫色は晴れを表しているのだが、
この翌日、確かに晴れだった。

周囲を黒く落としてしまうことで、
闇に浮かぶ塔の存在感を表そうとしてみた。

1/8秒手持ちなのだが、手ブレはしていなかった。
SRって、すごいねぇ。
もう戻れないな、と、素直に思う。
キヤノンにしろニコンにしろ、
レンズ側での補正が最適解であるという公式コメントをせざるをえないだろうが、
価格を含めたユーザーのメリットを総合的に考えれば、
現時点ではかなりの優位性があるのは間違いないと思う。

でも、長期的に見れば、一眼レフ2大メーカーは黙っちゃいないだろうから、
今後の展開が楽しみでもあり、恐ろしくもある。
切磋琢磨することはよいことだろうけど、
Pentaxの生息地も残しといてね。


K100D + DA40mm F2.8 Limited
[PR]
by backseatofmycar | 2006-10-20 01:24 | DA40mm F2.8 LTD

価値がわからん

a0030792_3453814.jpg


週末、近所の公園では、フリーマーケットが行われていた。
カメラなどがメインのところがあったので、ちょっと覗いてみた。

写真はそこの商品の中のひとつ。

アンティークなカメラで、
かっこよくてちょっとほしくなってしまったのだが、
なんにせよ、
価値がわからんのだよ。
ついてる価格が適正か、激安か、ぼったくりかもわからない。
シャッターを動かしてもらったりして、
なかなか面白かったのだが、
さすがに購入はしなかった。

あえて値段は伏せるが、
適正ってのはどんなもんなんだろうか。

余談。
そのお店の人に、
「いいレンズつけてますね」
と言われて、ちょっと鼻が高かった。

K100D + FA77mmF1.8 Limited
[PR]
by backseatofmycar | 2006-10-18 04:20 | FA77mm F1.8 LTD

第二水槽立ち上げ

a0030792_1201063.jpg

K100D+ SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX

金魚を飼い始めて3ヶ月、
まだまだこれからの、ひよっこであるが、ひとつ分かったことがある。
金魚水槽で楽しめる水草は種類が相当絞られるということだ。
つまりは、水草を金魚がおやつにしてしまうからだ。

まあ、大体は想像できていたことで、
私はそもそも水草については消耗品ぐらいの認識だったのだが、
配偶者の人にはそれがやや不満であったらしい。
と、いうことで、
第二水槽として、水草と小さな熱帯魚をメインにした水槽を立ち上げた。

メインの魚は、写真のグッピー(ブルーグラス、という品種らしい)。
行きつけの熱帯魚やさんの売れ残りで、
尾びれの状態は決して万全ではないように見受けられるが、
それでも初心者としては十分美しいと思えるものだ。
写真としては、
シャッタースピードをかせぐために相当明るくしたので、
特徴的なブルーが飛んでしまっているのが残念。
死ななければ、の話であるが、時機を見てまた挑戦しよう。

こいつらは、ペアで購入したのだが、
メスは我が家に来た翌日にいきなり稚魚を9匹出産しやがった。
(グッピーは卵胎生のため、卵ではなくいきなり仔を産む。
 きっと、環境が変わったことが、出産を誘発したのだろう。)
出産から一週間経過したところだが、今のところ全部まだ生存している。
一匹ぐらいは大人になるまで育つとといいのになあと思っている。

ペットショップで妊娠済みだったということは、
オスがこいつらの父である確率は低いとは思うのだが、
こいつらの名前は「お父ちゃん」と「お母ちゃん」で決まりだ。
お母ちゃんの腹がまた大きくなっているような気がするのが、
気がかりなところだ。

さて、セッティング直後の水槽はこんな感じ。

a0030792_1202574.jpg

K100D + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL

二種類の床材を入れているが、
将来的には、緑の絨毯で覆い隠されてしまうといいなと思っている。
そう簡単にはいかないだろうけどね。

例によって水槽に放り込んだものの備忘録。

動物
ブルーグラス(グッピー)1ペア
グリーンネオン 5匹
ミナミヌマエビ 10匹

植物
リオフィラム・マトグロッセンセ グリーン
ロタラロトンジフォリア
グロッソスティグマ
ウォーターマッシュルーム
ウィローモス流木
[PR]
by backseatofmycar | 2006-10-16 01:42 | アクアリウム

ポジフィルムは楽し

a0030792_418153.jpg



a0030792_4183366.jpg


近頃、通勤時に写真を撮れる機会が減っているため、
平日の更新がおろそかになっている。
しかし、
写真に対する情熱は、まったく冷めていない。

今回は、やや歪に発展しているかもしれない写真への情熱の話。

Z-1pには、このところポジフィルムしか入れていない。
私の用途では、別にネガでもなんら問題ないだろうし、
プリントと電子化までのことを考えると、ネガのほうがいいのかもしれないが、
それでも、ポジをライトボックスで見たときのわくわく感を考えると、
やっぱりポジにしたくなる。

まあ、ライトボックスを入手したのはつい昨日のことなんだけど。
(それまでは、写真屋さんか、太陽光で透かして見るので済ませていた)

問題は、
私はポジフィルムを電子化する方法を持っていないことだ。
透過光をスキャンできないのだ。端的にいえば、
フィルムスキャナを持っていない。
ポジがいいとか言いつつも、私の基本はデジタルなので、
使用頻度の低いポジフィルム用にフィルムスキャナを購入するのは、
いくらなんでもはばかられるのだ。

もうすぐ、K10Dの出費もあることだし。
11月30日に延期になっちゃったけど。

でも、ポジの一部を電子化したいし、ブログでも使いたい。
で、
フィルムをデジカメで撮ることにしたのだった。
上の写真は、その成果の一部。
写真を写真に撮っているということになる。
ポジの美しさを余すところなく表現、というわけにはいかないが、
ブログ写真ぐらいには使えそうだ。

撮影状況はこんな感じ。

a0030792_4363885.jpg


写真を写真に撮るところを写真に撮っている。
なんだかもうもうめちゃくちゃだが、
楽しんでいることだけは、
分かってもらえるのではないだろうか。

後ろの水槽といい、
最近の私は、
趣味ががっつりとエスカレートする方向にある。

経済的には健全とは言えないのだろうが、
少なくとも、
私は人生を楽しんでいると言えそうだ。
[PR]
by backseatofmycar | 2006-10-15 04:48 | DA16-45mm

遊びすぎた

a0030792_264539.jpg


心と体の疲れを癒すべく、
この三連休はしっかりリフレッシュ。

振り返ってみると、あれ、何したっけ?
というような三連休であったが、
こういう休みが大事だったりする。

写真は、通りがかりのコンビニにおいてあったガチャガチャで取ったもの。
三十路も1/3過ぎたってのに、なにやってんだろうね。
ガンダム、というのだけで惹かれてしまったのだが、
こいつが何ガンダムかは、さっぱり不明。
さすがにそこまでは追えていない。

そんなこんなでグダグダと過ごしたのだが、
大きなトピックは、
同サイズの水槽を追加購入したこと。

金魚+大サイズ水草の大味水槽と、
めだか+小サイズ水草の繊細水槽の
二本立てでいく予定。

なんとなく安定したかなと思える状態になったら、
ここでもまた紹介したい。

K100D+ SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX
[PR]
by backseatofmycar | 2006-10-10 02:15 | SIGMA MACRO105mm

曼珠沙華

巾着田に曼珠沙華を見に行ってきた。

ここのところ、ちょっと人としてどうかと思うようなスケジュールで、
写真を撮る暇がほとんど無く、写欲がたまりまくっていたので、
それを一気に開放したのだった。

曼珠沙華自体は、終わりに近づいた状態だったし、
自分の腕は、まだまだだなあと思うのだけど、
好きなだけ撮影できたので、
うん。満足。

以下、目に優しくない赤色が連続するので、
覚悟してスクロールしていただきたい。

せっかくなので、
気に入る写真があればいいのだがなあと、
切に願っている。


1.
a0030792_2244316.jpg






2.
a0030792_2102372.jpg








3.
a0030792_210334.jpg








4.
a0030792_2105183.jpg






5.
a0030792_211325.jpg






6.
a0030792_2111439.jpg





7.
a0030792_211287.jpg





8.
a0030792_2114136.jpg





1. K100D + DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
2. K100D + A 50mm F2.8 MACRO
3. K100D + FA soft 28mm F2.8
4. K100D + A 50mm F2.8 MACRO
5. K100D + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
6. K100D + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
7. K100D + Lensbaby
8. K100D + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]

[PR]
by backseatofmycar | 2006-10-02 02:18 | その他