Photo diary


by backseatofmycar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ただの土手では

a0030792_2023431.jpg


週末は所用で岐阜へ。
期せずして、大学時代をすごした過去を懐かしむ旅となった。

写真は、ドライブついでに向かった、根尾谷断層。
そう、この写真中央の斜面は、ただの土手ではない。
1891年に発生した濃尾地震で地表に現れた断層なのだ。

濃尾地震はマグニチュード8.0と、内陸型地震としては、世界でも最大級の地震であった。
その地震に伴って現れた断層は、垂直方向で最大6mのずれを生じ、
長さも80kmにわたったというから、驚きである。
100年以上経過した現在では、ごらんのような姿になっているが、
それでもこのずれが、一瞬で生じたというのは、にわかに想像できない。
動く姿を動画で見てみたいものだ。

この断層の近くには、『根尾谷断層資料館』という施設があり、
トレンチによる断層の断面を見ることができる。
地層がぱっくりと垂直にずれている様子は、圧巻である。

この周囲には、資料館のほかに普通の民家もそこそこにあり、
このような断層の間近に済むのはどんな気分だろうかと思うが、
前回の地震からまだ115年で、活動間隔が2000年以上ということを考えると、
ま、生きてる間は大丈夫だろ、ということなのだろう。

実際は、この周辺は他にも活断層いっぱいあるけどね。

K10D + DA 16-45mm F4 ED[AL]
[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-14 20:37 | DA16-45mm

無題

a0030792_15421.jpg


広角レンズでファインダーいっぱいにむやみに同じものを取り込みたいと思い撮影したもの。
いい写真がといわれると正直答えようがない。
写真の幅を広げようと模索している中の一枚と捉えていただければ理解いただけるだろうか。
うそだけど。

ファインダー覗いてシャッターを切るのが楽しいので結果としての写真にはこだわらない。
本当はそんな一枚。


拡大アイカップ O-ME53を購入してから、
撮影がずいぶん快適になった。
ファインダーを覗くだけで、楽しい気分になるし、
これならMFもばっちり、なのではないかという気分にさせてくれる。
常用できる拡大アイカップとして、すごくお勧めできる。

ただ、接眼部のゴムにやたらとほこりが付く。
なんとかならんもんか。

K10D + DA14mm F2.8 ED (IF)
[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-10 01:17 | DA14mm F2.8
a0030792_21425970.jpg


Z-1pで使ったリバーサルをやっと現像したので、
ライトボックスで鑑賞する。
あれ?こんな写真撮ったっけ?いつだ?
というものもあり、それはそれで楽しい。

銀塩の利点について、
銀塩のほうが、一枚撮るまでに構図や露出等をより吟味するし、、
シャッターを切る際の集中度合いがより高まっている、
という人がいる。

確かに、明らかに無駄なショットは減るのだろうが、
私のようなずぼらな人間は、
そこに、そう差異はない気がする。
漫然と撮ってしまうときはどちらにもあるし、
ここぞというときは、デジタルでも銀塩でも、設定を悩むし集中もする。
それに、シャッターチャンスはどちらの場合だって一瞬で、
見逃すが捕らえられるかに、あまり差はなく、多くの場合、見逃す。
(あくまで、私の場合、ということである。普遍的な話をしているつもりは全くない。)

私にとって、
フィルムの楽しさは、そのタイムラグにこそあり、
デジタルでは味わえない、わくわく感と、がっかり感を味わうことができる。

これについては、
多少の普遍性はあり、
フィルムを出したときに、みんなわくわくして、
現像されて戻ってきたときに、みんな、がっかりしていると思う。
(もちろん、やった!というときもあるでしょうが。)

だからやっぱり、フィルムはなくならないんじゃないかなと思うので、
個人的には、あまり心配していない。


*istD + FA soft 28mm F2.8
[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-08 22:19 | FA soft 28mm

a0030792_21364612.jpg


a0030792_2137190.jpg


昨日の通勤時、梅がもう咲いているのに気づいた。
今日はそれを撮ろうと、マクロレンズを持ち出した。
てらいもないがねらいもない、そんな感じの写真だが、
きれいで欠点のない花を被写体にすることにだけ、気を使った。

デジタル一眼レフ3台体制になって、
*istDの使用頻度が減っている。
でも、家の中ではたまにシャッターを切る。

シャッター音の心地よさは、やはり随一だが、
背面の液晶は、今日的にはさすがにちょっと小さい。
シャッター音だけ楽しんで、防湿庫に戻す日々。
でも、私を悪の道に引きずり込んだ、思い出のつまったカメラであり、
手放すなんて考えられない。


K10D+ SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX
[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-07 21:53 | SIGMA MACRO105mm

ツーペア

a0030792_2346335.jpg


a0030792_23464624.jpg


グリップの話。
K10Dは、様々なところが気に入っていて、
これはこれでちゃんといつかテキストにしたいのだが、
今日はグリップの話。

K10Dに気に入らないところがあるとするならば、
それはグリップのフィット感である。
なんとなく、指の長さがあまり気味で収まりが悪く、
もうちょっとグリップにボリュームがあればなあと、
いつものように感じている。

翻って、Z-1pでは、
先日、グリップストラップfd(のグリップ部分)を購入した結果、
小指の収まるべき場所ができて、
持っているだけでうれしくなるような感触となった。

握ったときの心地よさでランクをつければ、

Z-1p>>>>>K100D>*istD>K10D

という感じになる。

撮影上何が困るというわけでもないし、
K10Dは十分に気に入ってるし、
やや手の大きな自分がいかんのだろうが、
それでも、なんとなく、
釈然としない。

ペンギンの置物の、左右の目の高さのずれっぷりぐらい、
釈然としない。

K10D + FA 28-105mm F4-5.6 Pz
[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-07 00:01 | FA28-105mm PZ

シャットダウン

a0030792_1932863.jpg


xpのシャットダウン画面をポエチックに撮影。
実際に、こんな光の当たりかたしてたら、パソコン使いにくいわな。

xpが旧式になったとはいえ、
ビスタ?トヨタのセダン?という状態なので、
ずっとこのまま使っていくんだろう。
それで何か不都合があるかと言うと、
きっと、何もないんだろう。

さて、そろそろ私の人生もシャットダウンしますかね。
なんていう冗談は、
不穏当な憶測を呼ぶので言わないことにする。

K10D + Lensbaby
[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-05 20:25 | Lensbaby

city

a0030792_2565029.jpg

a0030792_2574075.jpg

a0030792_257712.jpg

a0030792_2571981.jpg




撮影者の精神状態が、あまり良くないのではないか、
そんな心配をさせるような組写真で申し訳ない。



上から、
K10D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]
K10D + DA40mm F2.8 Limited
K10D + FA☆80mm-200mmF2.8ED[IF]
K10D + FA☆85mm F1.4 ED [IF]

[PR]
by backseatofmycar | 2007-02-05 03:16 | FA★85mm F1.4