カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006年 08月 09日 ( 1 )

スイホウガン

a0030792_1259338.jpg


なんとか生き残っている我が家の水泡眼。
一度は、かなり弱ってしまい明日死ぬかという状態だったのだが、
1週間の餌抜きおよび塩水浴および薬浴で、概ね元気を取り戻してくれた。
そんなこともあって、愛着がわいてかわいくってしかたがない。

このブログに載せたら死ぬとかいうジンクスを作らないでいただきたいと、
切に願っている。

この画像のやつが本当にかわいいのかと素で尋ねられると、
正直微妙と言わざるをえないが、
左右の水泡をぶるんぶるんいわせながら不器用に泳ぐ姿は、
少なくとも愛らしいと思えるものである。


ひょんなきっかけで始めてしまった金魚飼育であるが、
これがもう、本当に大変である。
ペーハーを計測したり、
亜硝酸濃度を計測したり、
弱ったやつを薬浴させたり、
塩水浴させたり。
1/4ぐらいの水換えは週に2回ぐらいやっている。
餌をやるのは楽しいのでいいのだが、
健康のために餌をやらないほうが難しい。
なんだか度を越してきて、
現在、水槽の3箇所で水温を計測し、
2種類の濾過機を併用し、
それとは別のエアレーション(ぶくぶく)も施している。
ヒーターとサーモスタットはもちろんだが、
真昼の水温低下のためのクーラー(小さい扇風機みたいなやつ)も取り付けている。
水槽の周囲は末期のがん患者のようにチューブとコードだらけである。

ともかく、つたない知識と限られた時間を使って、
できることは全部やろうとしている。

でも、
死ぬ。

お気に入りから、
死ぬ。

病気になって、
死ぬ。

理由も分からないまま、
死ぬ。

K100D+ SIGMA AF MACRO 105mmF2.8EX
[PR]
by backseatofmycar | 2006-08-09 13:03 | アクアリウム